パットイズマネー!パターにおすすめの人気グリップ比較5選

パター人気グリップ

ゴルフスイング

スコアが上がってくればくるほど下手になるパターの闇。初心者の頃のほうが上手かったのではないか、時にゴルフをやめたくなるほど、パターのミスは精神的にくるものがあります。

そこで微力ながらパターにおすすめなグリップを紹介していこうと思います。なぜなら、パターを買い替えはそんなしょっちゅうというわけにはいきません。そんな時、一番安価で出来るのがグリップの交換だからです。安いものなら1500円ぐらいから、一部の高級品を除けば4000円ぐらいで交換できます。

すぐに効果は出ないかもしれませんが、グリップを変えるだけで気分も変わり、ストロークやリズムが変わることもあります。

もちろんグリップを変えたからといってボコボコ入るようなるわけありませんが、フィーリングが変わることで状況好転が出ることもあるかも?

パター地獄から抜け出すきっかけに少しでもなれば幸いです。

1.パター専用グリップを交換する4つのメリット

パターグリップを交換するメリットは多いです。

  • 自分にあったグリップを選ぶことでカップインする率がアップする
  • パッティングに自信が持てる
  • パターの安定性が向上する
  • ボールの感覚が感覚ではなく理解できる

ボールを芯で打てる確率が大幅にアップする為に自分にあったグリップを選んでいきましょう。

2.パターグリップの選び方の基本と種類

おすすめのパターグリップをご紹介する前に、まずグリップの選び方の基本を覚えましょう。

① ストロークタイプによる選び方

打ち方 グリップの形状
まっすぐ引いてまっすぐ打つ人 太めのグリップ・重量軽めのグリップ
フェースの開閉をしながら打つ人 細めのグリップ・重量重めのグリップ

② パターヘッド形状のよる選び方

ヘッド形状 グリップの形状
マレット、ネオマレットなど大型ヘッドのフェースバランスパター 太めのグリップ
ヒールトゥバランス(ピン)型やL字型パター 細めグリップ

③本人の好みで選ぶ形状・材質

グリップの形状

グリップの形状 特徴
テーパー型(ピストル型) 一般的なヘッドに向かって徐々に細くなっているグリップ
ノーテーパー型 スーパーストロークに代表される太さが一定のグリップ

グリップの材質

グリップの材質 特徴
ゴム製 昔からある素材。汗に弱いので長く使っていくとひび割れボロボロになっていきます。価格も安く寿命は使わなくとも約1年程度。
ゴム製でコード入り ラバー素材の中にタコ糸を組み込み感触を硬くしたものです。手に対しての摩擦
エラストマー樹脂 主流になりつつある新しい素材のエラストマー。ゴム製より耐久性があり寿命も長い。

ここは自分の好みで選べばいいと思います。

3.2000円以内でおすすめのパターグリップトップ5

おすすめするパター用グリップトップ5をご紹介します。冒頭にも言いましたようにパターはスコアメイクに大きな影響を及ぼすクラブですが、パターグリップを交換、購入するときはなかなか試打をして、というわけにはいきません。

完全ではありませんがゴルフショップで似たようなグリップを挿入しているパターを試打するとか、必ずサンプル品を握ってみるとかして慎重に選んでください。

また同じ型式・名称のグリップでも太さが何種類かありますので自分に合ったものを選んでください。

① ゴルフプライド|ツアーセンサーコンツアー

パター グリップ人気

画像出典:Amazon
公式サイト:https://www.fawick.co.jp/gp/products/p_snsr/
コアサイズ:58R
標準重量:90g
参考価格:¥2,992

個人的に感じた使用感

非常にソフトで吸い付くような感触で、繊細なタッチも出せて、ストロークが安定します。このグリップに変えて5mぐらいのパットがけっこう入るようになりましたので、私も次に交換するときはこのグリップを第一候補に考えています。

こんな人にツアーセンサーコンツアーがおすすめ
・ソフトな気持ちいいフィーリングでパターしたい人
・どちらかいうとマレット型のパターヘッドを使っている人
・ストロークを安定させたい人
・従来のピストル型グリップが好きな人

② ゴルフプライド|ツアーセンサーストレート

※これは①のノンテーパー型でほぼ同等の性能です。

パターグリップ人気

画像出典:Amazon
公式サイト:https://www.fawick.co.jp/gp/products/p_snsr/
コアサイズ:58R
標準重量:124g
参考価格:¥2,992

こんな人にツアーセンサーストレートはおすすめ
・ソフトな気持ちいいフィーリングでパターしたい人
・どちらかいうとマレット型のパターヘッドを使っている人
・ストロークを安定させたい人
・右手を使いすぎてしまう人
・ピストル型よりノーテーパー型が好きな人

③ スーパーストローク|ピストルGTRツアー

パター グリップ人気

画像出典:Amazon
公式サイト:https://www.fawick.co.jp/gp/products/p_snsr/
重量:65.0±5g
横幅:約25mm
長さ :約267mm
内径:58
カラー:ホワイト/レッド/ブラック
参考価格:¥3800

個人的に感じた使用感

ノーテーパー型の代名詞、スーパーストロークがクラシカルなピストル形状をベースにした、次世代のピストル型グリップです。太さは3種類ありますが、私のおすすめはピストルGTRで一番細めのツアーです。

こんな人にピストルGTRツアーはおすすめ
・スーパーストロークを使いたいがノーテーパー型が嫌だった人
・細目で繊細なタッチで打ちたい人
・ヒールトゥバランス型のパターヘッドを使っている人
・右手を使いすぎる人

④ ローズマークグリップ|ソーン1.52

パター グリップ人気

画像出典:Amazon
公式サイト:https://www.jypers.com/item/225701800001.html
重量:68g±3g
横幅:約29.1mm
長さ :約267mm
内径:57
カラー:トリコロール/レッド/ブルー/ブラック
参考価格:¥4180

個人的に感じた使用感

六角形が特徴 注目のパターグリップ ローズマークグリップでフィット感があります。リディア・コなどが使用し、アメリカツアーで人気沸騰中のグリップです。

こんな人にソーン1.52はおすすめ
・しっかりとしたフィット感が欲しい人
・新しいものを試したい人
・グリップを強く握ってしまいがちな人
・ショートパットからロングパットまでストロークを安定させたい人

⑤ ラムキン|フラットキャットソリューション スタンダード

パターグリップ人気

画像出典:Amazon
公式サイト:http://www.lamkin.jp/flat-cat.html
重量:68g±3g
内径:58
カラー:グリーン/ホワイト
参考価格:¥3000

個人的に感じた使用感

ジャスティン・ローズが使用していることで有名なグリップです。名前の通りフラットな形状で、ターゲットに対してまっすぐ構えやすくなるということでプロの間でも使用する人が増えています。太さが4種類ありますがスタンダードがおすすめ。

こんな人にフラットキャットソリューションはおすすめ
・しっかりとした心地よい手触りのグリップを求めている人
・ターゲットに対してまっすぐ構えたい人
・重めのヘッドが効く軽量のグリップが欲しい人
・方向の安定性を一番に求める人

4.全ストロークの40%はパットだという事実

実はパット数は全ストロークの40%程度をしめています。

100ぐらいで回る人はパット数約40
90ぐらいで回る人はパット数約36
80を切るレベルの人はパット数約30パット

上達すればするほどパット数がスコアに大きく影響することになります。

プロがよく「パットイズマネー」と言われるのはこういう理由からで、1打2打を争うトーナメントではパットが入らないとプロの世界では生きていけないほど。

もちろんアマチュアはそこまでシビアではないですが、パット次第で100を切れる、切れない、90を切れる、切れないという結果になるので、やはりパターが大事なのは変わりません。

まとめ

パットはゴルファーにとって永遠の悩みになる難しいものだと長年ゴルフをやってきて感じます。これまで一番クラブやグリップを替えてきたのも、ドライバーとこのパターです。春のトップシーズンに向けて、パターグリップを交換して、気分一新ゴルフを楽しみましょう。