ハンドファーストマスターの全てを紹介|効果・使い方・仕様一覧

ハンドファーストマスター

ハンドファーストマスター

ハンドファーストマスターが気になる!

いつ買えるの?どこで売ってるの?どういう効果があるの?

お待たせしました、ハンドファーストマスターについて全てを紹介します。やっとこ情報解禁できる日を向かえました。高まる気持ちを抑えつつ、正しい情報をなるべくわかりやすく書いていきますので、ぜひ最後まで読んでください。

ハンドファーストマスターの購入はこちらから
ハンドファーストマスター

1000円お得なセット売りはこちら
ハンドファーストマスターセット

1.ハンドファーストとは

hands forward(ハンドフォワード)のことを日本ではハンドファースト(Hand First )と認知されています。

hands forwardの和製英語であるハンドファーストの動きとは、クラブシャフトと左腕がほぼ一直線になる状態でボールを捕らえる理想のインパクトのこと。アドレスをした時の手元の位置が、ハンドファーストであることが特徴的。

結果正しいスイング軌道につながり、狙った方向へボールを飛ばせます。

ハンドファーストマスター

その、難しいハンドファーストを習得できる練習器がハンドファーストマスターの最大の効果です。

ハンドファーストはすでにゴルフ業界では注目されているキーワード!それを正確にマスターできる今までになかった練習器具です。

2.ハンドファーストマスターの機能性

ハンドファーストマスターは、難しいハンドファーストを正確に習得するために作られました。特殊なヘッドの形状により正しいハンドファーストでボールをとらえないと理想のアプローチが出ない設計になっています。

どのようにハンドファーストをマスターできるのか使い方を早速確認していきましょう。

3.ハンドファーストマスター使い方

使い方はいたってシンプルボールを打ちます。それだけです。

中弾道のボールが出ればハンドファーストで打てている理想のアプローチということ。

当たらない、または高弾道・トップの場合はハンドファーストマスターになっていないということです。

まずは、正しい使い方動画を見ていきましょう。

正しい使い方動画

ボールが上手く中弾道で飛ばせるか毎回ドキドキします。

動画を解説

動画の内容と重複しますが、オフラインの方に向けて同じ内容を文章でも解説しておきます。

①フェース面縦の白いラインに合わせてアドレスします

ハンドファーストマスター

②フェース面横の白いラインにターゲットを合わせます

ハンドファーストマスター
③アドレスをとりボールを打ちます

④正しいハンドファーストでボールを捕らえられればヘッド側面のオレンジラインがインパクト時見えます

ハンドファーストマスター

フリップした場合このオレンジラインは見えません。

【失敗基準】

  • ボールに当たらない・しゃくり打ち・トップ・ボールが高弾道だった時
  • インパクト時ヘッド側面のオレンジラインが見えない

【成功基準】

  • ディロフト・ボールが中弾道・インパクト時ヘッド側面のオレンジラインが見える

失敗したショットと成功したショットが具体的にわかりやすい動画はこちらです。

成功した時の正しいボールの軌道がよくわかります。

4.ハンドファーストマスター仕様説明

ありえない約100度ウェッジ【意匠権出願中】

何と言っても特徴的なのがヘッドの向き。これで打ったらボールが顔に当たっちゃうのではないか?と思いますが、そこはご安心ください。顔に当たらない設計にちゃーんとなっています。

ハンドファーストマスター
持った時の光景はまさに初見 こんなの見たことないw

今回も権利を出願してますので弊社だけが生産することができる唯一無二の練習器。おそらく今までにない形です。

そしてこの練習器は見た目のインパクトだけではありません。しっかりその機能性も備えています。

素材にこだわりました

ゴルフ練習器具と言ってもウェッジと全く同じクオリティの素材で仕上げました。

ハンドファーストマスター

【商品仕様】
製品名:Hand First Master(ハンドファーストマスター)
外寸法:34.5
シャフト:スチールSR
ライ角:63°
アドレスロフト:約100° 重量:約461g
右利き専用
グリップ:樹脂(エラストマーバックラインなし)

シャフトも錆びませんし美しい見栄えです。

グリップ素材はエラストマー樹脂

ハンドファーストマスター
色はオレンジのみ

ハンドファーストマスターのグリップの素材はエラストマーを使用しています。現在のゴルフグリップの素材は、ゴム素材かエラストマー樹脂の2種類です。エラストマー樹脂の特徴は、

  • しっとりとした柔らかいホールド
  • ソフトなグリッププレッシャーで手に吸い付く握り心地
  • しっかりと握れる芯の硬さ
  • 優れた高耐摩耗性
  • 発色の良さ

2015年ごろからゴルフグリップの新素材として使用されることが増えているエラストマー樹脂。

それまでは、ゴム素材が一般的でしたが、トルク(グリップがねじれる度合いを表す数値)の抑制効果に限界があったのが欠点でした。そこで今回の新たなエラストマー(樹脂)素材が使用されはじめ、現在では多くのゴルフグリップメーカーが採用しています。

エラストマー素材を使用したグリップのパイオニアは「イオミック」です。イオミック公式サイト

ラバーはどうしても、水に濡れると染みてしまいますが、樹脂系のグリップは乾いたタオルで拭けば水分は概ね取り除けます。

但し、樹脂系グリップは水分を拭き取らないで使用するとラバーよりも滑りやすいケースが多いです。

5.どんな人におすすめ?

ハンドファーストマスターは中級者〜上級者向けの練習器具です。

ハンドファーストを意識してくるのはゴルフ中級者ぐらいから、ある程度スイングフォームが確率できてきている方です。

初級の方が使えないというわけではありません。ジュニアの方にモニターで一週間貸し出ししたところ別人のようにインパクトが上手くなりました!

ハンドファーストマスター

別人のように変化!

6.価格は26,950円

ハンドファーストマスターの購入はこちらから
ハンドファーストマスター

1000円お得なセット売りはこちら
ハンドファーストマスターセット

価格が高い!理由

「価格が高い!」と思われるかもしれませんが、これ以上は無理です!運営破綻しますw新しいウェッジと思っていただいけると嬉しいです。

注意点

※製品付属の取扱説明書を必ずご覧ください。

  • フルショットはしたくなりますがしないでください
  • ハーフショット・クウォーターショットのみでご使用ください
  • 人工芝・練習場のマットでご利用ください
  • 右利き専用です

お買い上げはこちらから

長くなりましたが最後まで読んでいただきましてありがとうございました。ご購入カートは次項からいけます!初回在庫数には限りがありますのでお早めにご購入ください。

ハンドファーストマスターの購入はこちらから
ハンドファーストマスター

1000円お得なセット売りはこちら
ハンドファーストマスターセット