腹斜筋を鍛えることに目覚めたブライソン・デシャンボーはゴルフ界の宝

Denshavo

動画

スポーツ界には唯一無二な存在が多すぎやしませんか?今回紹介するブライソン・デシャンボー選手もそのひとり。

コロナ禍の中、アメリカでは2019~2020シーズン唯一のメジャー、8月6日から9日まで(日本時間10日)全米プロが開催されました。

優勝はコーリン・モリカワ選手がメジャー初優勝を果たしましたが、今回注目するのは、大会4位に入りアメリカPGA屈指の飛ばし屋であることを見せつけてくれました。バキバキになった肉体も注目の的です。

彼の影響を受けて肉体改造に興味津々なみんな!ブライソン・デシャンボー選手を信じろ!(自分に言い聞かせる)

1.デシャンボー選手のプロフィール

プロ入りまもない2016年から体重を20kg以上増やし肉体改造中のデシャンボー選手。

生年月日:1993年9月16日の26歳
出身地:カルフォルニア州クロービス
身長:185cm  
体重:84g→110kg(+26kg)
世界ランキング:第8位(2020年8月10日現在)

肉体改造をはじめた理由

トレーナーグレッグ・ロスコフ氏が主宰するMAT理論でゴルファーらしからぬバルクアップした鋼の肉体を手に入れたデシャンボー。ドライバー30ydアップも飛ぶようになりました。

MAT(Muscle Activation Techniques)とは?
マッスル・アクティベーション・テクニック通称MATとは。デシャンボーのトレーナーであるロスコフ氏は、ゴルファーに共通した特徴として『腹斜筋が弱い』ことを指摘しています。腹斜筋はくびれ部分の筋肉のこと。
デシャンボーも腹筋周りの筋肉が弱くプレーパフォーマンスをそれと結びつけた、以前は185cm体重84kgで軽い方であった体型を短期間で110kgの強靭な身体に仕上げました。
これには、全身の中でも貧弱な箇所を強化することで効率的にパフォーマンスを改善できるという考えもの元です。

出典:Bryson Dechambeau 公式 Instagram

筋トレとプロテインで3ヶ月で9キロ増量!ワイドスタンスで5.5度のドライバーロフトを使用、昨年より20ヤード以上飛距離アップしました。

肉体改造ばかりが注目されていますが、機械的だったスイングから飛ばし屋に変身しました。自分の身体もギアのひとつのように考えているようで、別人のスイングになったと思いました。

平均飛距離を更新しました

ロケット・モーゲージで優勝者の平均飛距離をデシャンボー選手が更新しました。2005年のタイガーウッズ全英オープン341.5ヤードを破り、350.6ヤードの記録をつけました。これには他のプレーヤーもびっくり。

元々理論気質なゴルファーで有名

2010年カルフォルニア州のジュニア選手権を制した南メソジスト大学に進学し、物理学を専攻しました。そのせいか、ゴルフに対してもツアー屈指の理論派で、別名「ゴルフ科学者」と呼ばれています。

アイアン全番手を7Iと同じ長さ(ワンレングスアイアン)にしたり、グリップを極太にしたりする独特の理論を展開するプレースタイル。このエピソードが『科学者』と言われる由来となっています。

2020年今シーズンはコロナ自粛の間に体重を大幅に増やし、明らかにゴツくなってドラインビングディスタンスでキャメロン・チャンプを抜いて堂々の第一位に君臨しています。これは話題になり多くのゴルフ記事に書かれました。

極太グリップを愛用

フックしづらいという理由で極太グリップを愛用しています。パターのグリップかな?と思うぐらいです。

ハンチングを愛用している理由

不運の飛行機事故で亡くなった大学の先輩ペイン・スチュワート氏に敬意を表し、ハンチングを愛用しています。

ペイン・スチュワートプロゴルファーについて
ペイン・スチュワート
画像出典:Wikipedia
スチュワートはいつもタモ・シャンターの帽子とニッカーズの半ズボンをまとい、誰からも見分けがつく風貌とスタイルの持ち主でした。母国アメリカに対する愛国心が強かったことでも知られ、ゴルフウェアに米国国旗をあしらう事も多くありました。(Wikipedia引用)
メジャー大会に3勝を挙げた実力者だったが、1999年の全米オープン優勝からわずか4ヶ月後に、PGAツアー選手権の会場に向かう途中で飛行機事故のため42歳で急逝した。(1999年リアジェット35墜落事故)
スチュワート事故死の報道を聞いて、PGAツアー選手権の会場も悲しみに包まれました。競技の第2日目が中断され、出場選手たちのほとんどがスチュワートの追悼式に列席しました。
デシャンボー選手のハンチングを見てペイン・スチュワート選手を思い出してください。

2.デシャンボー選手の主な戦績

アマチュア時代

南メソジスト大学時代の2015年、「全米アマチュア選手権」と「NCAA全米学生選手権」の両タイトルを獲得しました。

これは、帝王ニクラウス、フィル・ミケルソン、タイガー・ウッズ、ライアン・ムーアに続く史上5人目の快挙です。

2016年のマスターズで21位でローアマを獲得し、翌週プロ転向しました。

プロ転向後

2017年「ジョンディアクラシック」でPGAツアー初優勝を飾り、18年シーズンにはプレーオフシリーズの連勝や「ザ・メモリアルトーナメント」など4勝を挙げました。

そしてコロナによる中断の後再開した、20年7月の「ロケットモーゲージクラシック」でツアー6勝目を飾っています。

2019から2020年ツアーのドライビングディスタンスは324.4ヤードで1位(8月3日時点)で、世界ランキング7位(同じく8月3日時点)となっています。

スロープレーの常習者

ツアー屈指の飛ばし屋でこの先の活躍も期待されるブライソン・デシャンボーですが、片方、スロープレーの常習者としていつも名前が上がる選手でもあります。

ゴルフファンからの指摘だけでなくツアーメンバーからも「一緒に回りたくない」と批判されることもしばしばです。

3.2020年デシャンボーのクラブセッティング

最後にデシャンボーのクラブセッティングについてご紹介します。

クラブは日本人にはなじみの薄いキングコブラを使っています。なんといってもデシャンボーの特長は、「ゴルフ科学者」と呼ばれる所以である、アイアンが全番手同じ長さのシャフトであることや試合によってはドライバーロフト角5.5度というちょっと普通ではあり得ない、一般の人には絶対マネできないセッテイングにあります。ボールは日本のブリヂストンゴルフとの契約です。

※注意:2020年ジェネシス招待時プロのセッテイングはコースや試合によって頻繁に変わります。

ドライバー コブラ KING LTD PROドライバー(プロトタイプ)(ロフト7.5度)
ドライバーシャフト LAゴルフツアー プロトタイプ
フェアウエイウッド コブラ KING LTD (13度)
コブラ KING スピードゾーン(15度)
ユーティリティ コブラ KING UT(19度、23度)
アイアン  コブラ KING フォージドツアーアイアンワンレングス (6番~PW)
ウエッジ  アーティサンゴルフ(プロトタイプ)  (48度、55度、60度)
パター   SIKプロC
ボール ブリヂストンゴルフ TOUR B  X

とっても個性的なデシャンボー選手。最後まで自分を貫き通す精神力に加えて強靭な肉体もプレーをする上で大きな武器になっていますよね。今後がますます楽しみです。

4.ゴルファーの弱点!腹周りの筋肉を短期間で鍛える方法

ゴルファーが平均的に弱いと指摘されているお腹周りの筋肉を、デシャンボーの精神で鍛えてみたくなりませんか?

せっかくならば効率よく筋トレを行っていきましょう!

①筋肉の材料になる食材を中心に食事改善

減量や体作りをするすべての人に絶対に欠かせないのが食事改善。しっかり筋肉トレーニングをしているのに『ポテチ』『カップラーメン』を食べている体はいつになっても仕上がりません。

短期間で結果を出すには食事は絶対です!

痩せたい方はオートミール。筋肉を増やしたい方は鶏胸肉を中心に食べていきましょう。

ドローインをしながらお腹に負荷をかけるトレーニング

ドローインとはお腹を引っ込めた状態を言います。

膝を立てて仰向けで横になり、上体を気を付けの姿勢にすると、お腹がへこみませんか。その状態がドローインです。これを応用しながらクランチを行うと効果倍増です。ぜひチャレンジしてみて下さい。

0円筋トレ!ゴルフでよく使う腹横筋・腹直筋の鍛え方7ステップ

まとめ

ブライソン・デシャンボー選手Twitter
ブライソン・デシャンボー選手Instagram

コロナ中断の間にムキムキマンになって帰ってきたデシャンボー。豪快なドライバーが魅力の選手です。

コメント