「失敗しないパターグリップの選び方」を古参ゴルファーに教えてもらった

Putter grip

ギア・ボール

ゴルフのスコアは最後のパット次第と言っても過言ではありません。ゴルフ歴20年に差し掛かるパターがそこそこな古参ゴルファーに、どうパターグリップを選んでいるか教えてもらいました!おすすめのパターグリップも最後に紹介します。ぜひ役立ててください。

1.スコアの伸びに悩んでいませんか?

プロの世界ではパターが上手くないと生きていけないほど、パターは大事なもので試合ごとにパターを替えるプロもいるぐらいです。まだゴルフを始めたばかりだと、パターは主役クラブになりにくいですが、パターを深掘りするといいことしかありませんよ。

 Putter grip

そのパターにおいて大事なのがグリップ。パターグリップを替えるだけで、パットが入るようになったとか、距離感が合うようになった経験は幾度とあります。

パターグリップは普通のクラブ用以上に、太さ、長さ、形の種類が多いです。パターグリップをどう選んでいけばいいのか教えていきましょう。

2.パターグリップの選び方

パターを選ぶ時、表の項目に注目していきましょう。

太いグリップ(重い) 細いグリップ(軽い)
打ち方 まっすぐ引いてまっすぐストロークする打ち方 手の感覚を重視したい打ち方
ヘッドの形状 マレット型・ネオマレット型 ピン型・L字型
グリップの重さ 自分の感覚、感性を生かしたい人 安定したストロークをしたい人

まず、自分が所有しているパターのヘッドの形状をみてみましょう。ヘッドとの相性が良いグリップを選ぶのがシンプルな選び方です。

STEP1:パターヘッドとの相性で選ぶ

大型ヘッドは、まっすぐ引いてストロークするので太いグリップが相性がいいです。


画像出典:へプラーパター  大型ヘッドトムキャット

L型やピン型ヘッドは、操作性が高いヘッドなので細いグリップがおすすめ。操作性の高いヘッドと手の感覚がプレーに生かされます。

 Putter grip
画像出典:Amazon
販売価格:44330円
Amazon

STEP2:打ち方で選ぶ

 Putter grip
パターをまっすぐ引いて、まっすぐ打つ場合は、重量軽めの太いグリップのパターがコントロールがいきやすいです。

フェースの開閉をしながら打つ場合は、細めのグリップで重量重めを選んでください。

パターと同じメーカーがーおすすめのグリップも同時にリリースしているので、まずはそれを試してみてください。経験を重ねると、自分のプレーにあったパットとグリップもわかってくるはずです。

パターグリップを交換するメリットを知っておきましょう。

3.自分のパタープレーとグリップの相性がわかると訪れる良いこと

 Putter grip
パターのグリップを吟味すると精神的に安定するのは間違いありません。自分が信頼できるグリップを見つけられる事が大切です。

  • 自分にあったグリップを選ぶことでカップインする率がアップする
  • パッティングに自信が持てる
  • パターの安定性が向上する
  • ボールの感覚が感覚ではなく理解できる

スコアが一気に好転的になる可能性を秘めているのがパターです。

4.使ってみて良かったおすすめのパターグリップ5選

実際使ってみて良かったパターグリップかつ人気のものを紹介します。

ローズマリーグリップ(ROSEMARK GRIPS)

パターグリップコーナーに必ずある人気グリップです。プロも使っているのが人気の理由です。

 Putter grip
画像出典:楽天globalMarket
1本の販売価格:Amazon 3361円/楽天 3359円
Amazon
rakuten

ローズマリーグリップがおすすめな人
・しっかりとしたフィット感が欲しい人
・新しいものを試したい人
・グリップを強く握ってしまいがちな人
・ショートパットからロングパットまでストロークを安定させたい人

ツアーセンサーコンツアー

 Putter grip
画像出典:Amazon
販売価格:2475円
Amazon

世界のツアーでプロ使用率80%以上を誇るGolf Prideのグリップは、パターグリップも多くのツアープロに選ばれています。ピストル型とストレート型が選べます。

ツアーセンサーコンツアーがおすすめな人
・新素材のラバーでソフトな気持ちいいフィーリングでパターしたい人
・どちらかいうとマレット型のパターヘッドを使っている人
・ストロークを安定させたい人
・右手を使いすぎてしまう人

ラムキン:フラットキャットソリューション

Putter grip
画像出典:Amazon
販売価格:2155円
Amazon
ジャスティン・ローズが使用していることで有名なグリップです。名前の通りフラットな形状で、ターゲットに対してまっすぐ構えやすくなるということでプロの間でも使用する人が増えています。太さが4種類ありますので選択肢も豊富。

ラムキンのグリップがおすすめな人
・しっかりとした心地よい手触りのグリップを求めている人
・ターゲットに対してまっすぐ構えたい人
・重めのヘッドが効く軽量のグリップが欲しい人
・方向の安定性を一番に求める人

スーパーストローク:フラッツオシリーズ

Putter grip
画像出典:Amazon
販売価格:3785円
Amazon
ストレート型といえばスーパーストロークといわれる人気グリップです。スーパーストロークにはいろんな太さ、形状のラインナップも多いです。

スーパーストロークがおすすめの人
・ヘッドをまっすぐ動かしたい人
ターゲットに対してまっすぐ構えたい人
方向の安定性を一番に求める人
ショートパットを安定させたい人

ムジーク:ドライコンパウンドパターグリップ

Putter grip
画像出典:ミズノ公式サイト
販売価格:Amazon 1604円/楽天 770円

Amazon
rakuten

重さ別のボールや高反発のドライバーなど斬新なゴルフ用品を開発しているムジークのパターグリップです。雨に強い素材を使用しているのも特徴です。

ドライコンパウンドパターグリップがおすすめの人
・とにかく安いグリップが欲しい人
・とりあえず純正以外のグリップを試してみたい人
・雨の日でもしっかりしたフィット感が欲しい人
・方向の安定性を一番に求める人

Putter grip

グリップを変えるだけで気分も変わり、ストロークやリズムが良くなることもあります。これからゴルフは秋のトップシーズンに入ります。パターグリップを交換して、気分一新ゴルフを楽しみましょう。

まとめ

私自身、長年の経験からパターはゴルファーにとって「これだ!!」という一本に出会うのはかなり難しいものだと感じてきました。パター自体を頻繁に変えるのは資金的にも大変なので、かわって身近なのはグリップを変えてみることは手軽です。