「自分の平均ヘッドスピードと番手ごとの飛距離を知らない」=上達しない

ヘッドスピード 平均

ゴルフスイング

ゴルフをはじめたばかりで、「もっと上達したい!」と思っている方に知って欲しいのは、

  • 自分のヘッドスピード
  • 各番手の自分の飛距離(キャリー)

を把握する事です。中級者以下のアベレージゴルファーは知らない人は結構多いのです。

自分のヘッドスピード、さらに番手ごとの飛距離を把握することはゴルフ上達に必須と言っても過言ではないと思うからです。

そこで今回は、ヘッドスピードと飛距離の関係、一般アマチュアの平均の飛距離などを理解して頂けたらと思います。

1.ヘッドスピードとは

ゴルフで言うヘッドスピードは、インパクトゾーンでクラブヘッドがどれだけの速さで動いたかを示す数値で、日本では単位「m/s(メートル毎秒)」で表されます。

ちなみにアメリカでは、単位は「mph(まいる毎時)」となり、日本とは計算要素である長さ(マイルとメートル)および時間(毎秒と毎時)の違いで、40m/sは約90mphとなります。

一般的にドライバーのヘッドスピードが使われることが多く、ドライバーの飛距離目安はヘッドスピードの5.5倍と言われています。

ヘッドスピードだけが飛距離を決めるわけではありませんが、この数値が速いほど飛ぶことは間違いありません。一概には言えませんが、もし自分のヘッドスピードがお分かりの方で、ドライバーの飛距離がその5.5倍以下の人は、ほかに飛ばない原因(スイングやクラブ等)があると想像できます。

ヘッドスピードはGOLF5や二木ゴルフなどの大型ゴルフショップで無料で測ってくれますので、まだ自分のヘッドスピードを知らない人はぜひ一度測ってみてください!

2. 一般アマチュアのドライバーヘッドスピード平均値

では、普通の一般アマチュアのドライバーヘッドスピードはどれぐらいなのでしょうか?
ご参考ですが下記がだいたい平均値と言われています。

一般男性 38~43m/s
一般女性  33~35m/s

ちなみに、男子プロで48m/s以上、女子プロで40m/s程度と言われていますが、アマチュアでもハッドヒッターであればプロ並みのヘッドスピードの人もいますし、シニアになれば、男性でも女子プロよりヘッドスピードが遅い人もいてさまざまです。

ゴルフをより楽しむためには自分のヘッドスピードをまず知ること、それにあったクラブを選択することも大変重要です。

3. 各クラブ番手ごとの飛距離の目安

ここではこれから上達を目指すアベレージゴルファーが一番多いと思われる、ドライバーヘッドスピードが40m/s前後、女性で33m/s前後のアマチュアを基準として話を進めて行きたいと思います。

以下にそれぞれ各クラブの平均飛距離(参考値)を一覧にします。
(クラブセッテイングは一例)
注1:特にアイアンクラブはメーカーやモデルによってロフト角が違うため、飛距離が大きく変わる場合があるのであくまでも参考としてください。SWは除外。
注2:距離はヤード表示でキャリーを表記(ランは見ていません)

クラブ種類 一般男性アマ 一般女性アマ
ドライバー 220 175
スプーン(3W) 210 150
クリーク(5W) 185 135
ユーティリティ(4UT) 170 120
5I 160 110
6I 150 100
7I 140 90
8I 130 80
9I 115 70
PW 105 60
AWもしくは52度 90 50 90 50

4.ヘッドスピードを上げる方法

飛距離を伸ばすには、実際にはヘッドスピードだけでなく、打ち出し角、ミート率、スピン量などの要素がうまく作用することが大切ですが、ボール初速に大きな影響を与えるヘッドスピードを上げることが一番早道です。ここからはそのヘッドスピードを上げるための方法をいくつか紹介します。

① 筋トレを行う

若いころからスポーツで鍛えた人は別として普通のゴルファーは筋肉をまず鍛えることが必要です。なかなか仕事をしながら、は難しいことですが、ジムに通うとか、重いバットを毎日振るとか、上半身だけでなく下半身を鍛えることも重要です。

② 軽いクラブ、シャフトを使う

あまり練習や筋トレができない人は、ギアに頼るのも一考です。軽いクラブやシャフトに変えるとヘッドスピードを上げることができます。またシャフトを長くするだけでヘッドスピードは上がります。ただし、ギアに頼る方法はそれなりにスイングプレーンがしっかりしている人でないときちんと打てませんし、曲がる原因にもなるので慎重に検討ください。

③ グリップをゆるく握る

特に初心者はグリップを強く握りすぎです。グリップが強すぎると余計ヘッドが走らないので、ヘッドスピードが上がりません。グリップをゆるく握って素振りのように軽く振るとヘッドが走ってヘッドスピードが上がります。

④ 手首を柔らかく使う

野球のピッチャーをイメージしてください。手首の柔らかさでスナップを効かせて速球を投げていますね。ゴルフにも同様のことが言えます。ダウンスイングからインパクトにかけて手首を柔らかく使うように心がけてください。これでヘッドスピードが上がることがあります。この時ももちろんグリップをゆるく握ることは忘れないでください。

まとめ

ヘッドスピードと飛距離の関係、一般アマチュアの平均飛距離目安とヘッドスピードを上げる方法について解説しましたがお役に立ちましたでしょうか?ゴルフは飛ばすだけのスポーツではありませんし、飛べばいいスコアで回れるというものではありませんが、距離の長いコースなどではプロのような飛距離があれば楽にラウンドできることもまた事実です。しかし、私も含めて平均的な一般アマチュアにとって飛ばすこと以上に大切なのは、まず自分のヘッドスピードを知って、番手ごとの飛距離を把握してきちんとマネジメントができるかどうかがスコアメイクのカギになります。