「うねり棒のスイング安定性向上のため」おすすめの交換グリップを紹介!

グリップ交換

うねり棒

「人生で最高のショット決められたんだけど・・・・」

うねり棒でスイング練習の成果を1週間もしないうちに実感されている方がいて筆者も驚いています。まさにナイスショット!

そんなスイング練習を日々頑張っている方に、今回はうねり棒のグリップ交換におすすめのものを紹介していきたいと思います。

1.ゴルフのグリップ交換について

ゴルフのグリップとは基本消耗品です

ゴルフのグリップとは、基本消耗品です。主に樹脂(ゴム)で作られているので、摩擦により擦れたり、グリップテンションによって劣化はまのがれません。

よってゴルフのグリップは定期的に交換するのがベター。日本では「したことがない」という人も多いのですが、ゴルフが盛んなアメリカ・ヨーロッパではベーシックなのです。

うねり棒のグリップは、ゴルフクラブと同じなのでもちろん交換が可能。今回は交換するときのグリップについて伝えたいことがあります。

ゴルフ グリップ

スイング練習器のグリップはクラブより使用頻度が高い

ありがたいことにうねり棒を使って日々着々とスキルアップを望む方はとても多いです。練習器なので実際のクラブより使用頻度が高くなるのは当然です。

多少のグリップテンションの違いもありますが使い続けることで交換する日が訪れます。そんな時にこの記事が参考にしてください。

うねり棒の場合に限り推奨グリップをおすすめする一番の理由

推奨グリップを公開する理由は、うねり棒が作り出すスイング動作の安定性向上のためです。

うねり棒でのスイング練習器の場合は、練習器が生み出す動作を筋肉に覚えさせる、ある意味強制的な動作を行うことが理想のスイングを生み出すので、グリップはとても重要な役割を果たしています。

重要なのは赤いグリップ

黒いグリップはクラブと同じ動作をしヘッドスピードをあげる練習用なので、好みのグリップでOK。赤いグリップは、理想のスイング動作を身体に記憶させる為、やわらかいグリップを推奨しています。

グリップ交換

ゴルフ グリップ

「やわらかいグリップ」と言われても具体的にどのぐらいの硬度なのかイメージしにくいかと思いますので、うねり棒設計家に推奨グリップを厳選していただきました!早速次項で紹介します。

2.うねり棒|交換グリップを選ぶ時の3つのポイント

①赤いグリップ交換は|よりソフトなグリップを選ぶ

理由は、理想のスイング動作を身体に作用性を安定させるから。

なぜなら、うねり棒でのスイング練習器の場合は、ある意味強制的な動作を行うことが理想のスイングを生み出すので、グリップはとても重要な役割を果たしているからです。

②2つのグリップは同じブランドで選ぶ

同じ素材・同じ形状・同じ太さがスイング練習器としておすすめ。硬度だけ変化させてください。

③バックライン無しを選ぶ

なぜなら、うねり棒は湾曲しているのでラウンド(バックライン無し)を選んでください。

うねり棒設計家からのコメント
基本的には、オリジナルのグリップをつけて欲しい。グリップの硬度を変えていることで身体への作用を変えているので、やわらかいグリップ・硬いグリップをあえて使っているのが機能性の重要な役割になっています。
なるべく同じブランドのグリップを選択するとスイング効果の継続につながります。グリップの素材・太さ・素材を選ぶことで人間が無意識のうちに正しいスイングを覚えられます。—-(うねり棒設計家太田嗣人氏

3.おすすめのうねり棒交換グリップ3選

今回のやわらかい推奨グリップは、3ブランドです。

  • イオミック|ソルトフィーリング
  • STM|T-1
  • カデロ|ツーバイツーUNTグリップ

それぞれの特徴を紹介して行きます!

イオミック|ソフトフィーリング(硬度-5)

グリップ交換
イオミック公式サイトはこちら

硬度47
5色|ブリー・ブラック・レッド・スカイブルー・ネイビー

STM|T-series T-1

グリップ交換
STM公式サイトはこちら

柔らかく、手によくなじみ、最高の握り心地。 右手部分がやや太く、握りやすい仕様。雨や汗に強く、拭くだけで元のパフォーマンスを発揮します。
4色|レッド・ブルー・ホワイト・ブラック

カデロ|ツーバイツーNUTグリップ(下巻専用)

スクリーンショット 2018-07-10 16.30.46

カデロ公式サイトはこちら

バックライン無しのみ
6色展開
定義する用語とその用語の説明を行うためのものです。文中で扱う用語を定義する際にご利用ください。

うねり棒の赤グリップの交換の際にぜひ役立ててください!

3.うねり棒グリップを交換するときの予備知識

うねり棒は持つグリップによって重さが変わります。万が一、「グリップ交換したら、どっちが赤だったか迷った。」なんてことがあっても大丈夫。

ステンレスの印字で一目でわかるようになっています。

グリップ交換

LIGHT=軽い=理想のスイング練習時に握る方(赤)
HEAVY=重い=ヘッドスピードアップ練習時に握る方(黒)

これなら好みのグリップカラーを安心して選べますね!

4.グリップ交換するタイミング

「グリップの交換が大事なことは理解できたが、交換すべきタイミングがわからない。」ですよね。

グリップテンションの強さによってタイミングは人によって違いますが、試行テストでは、

  • 1日30回〜程度スイング練習する場合は1年程度
  • 1日200回〜スイングする場合は半年程度

を目安としてグリップの状態をみてみてください。

5.ゴルフのグリップを交換したい時

ゴルフグリップの交換は、街のゴルフ工房屋さんに行くのを強くおすすめします。

ゴルフ工房をおすすめする理由は、そこにゴルフに関する職人さんがいるからです。自分でも気づきにくいアドバイスをしてくれますし、仕事も本物です。ゴルフグリップの仕事でさえそのクオリティは歴然!持ちが全然違います。

キーワードは「住んでいる場所 ゴルフ工房」で検索をしてみてください。

店舗によって手数料は変わりますが、料金はゴルフグリップ代金+交換手数料。都心ではトラディショナルスポーツがおすすめです。

トラディショナルスポーツ の公式サイトはこちら

グリップ交換
営業時間|月~金: 10:00~19:00 土曜日: 10:00~15:00定休日 日曜日、祝日 

まとめ

ゴルフクラブのグリップをこれまで交換したことがない!という方にとっても良い機会かもしれません。ぜひ使用グリップの状態をみてみてください。うねり棒のグリップ特徴は以前こちらの記事でも紹介しています。

ツアープロスインガーのグリップ解説!グリップを触りながら読むと明確