ツアープロスインガーのグリップ解説!グリップを触りながら読むと明確

ゴルフグリップ

うねり棒

グリップを握ってみて硬いかor柔らかいか感じたことはありますか?

大半の人はスルーしている部分かもしれません。実はゴルフにおいてグリップとはこだわってもいいほどスイングに影響があるんです。

このページでは、なかなか注目されないグリップにスポットライトを当てたいと思います!

今回発売する、三觜監修うねり棒も、グリップにとことんこだわった仕様になっています。どんな特徴と効果があるのか解説していきます。

お気に入りのクラブのグリップを握りながらぜひ読んでみてください。

(この商品は意匠登録済みです)

1.ツアープロスインガーのグリップとは

ツアープロスインガーにはグリップが2つ付いています。このグリップそれぞれ硬さに違いがあります。

グリップは長年をかけて独自に創り出した製法技術で製造されています。

 

  • 赤いグリップ|柔らかい
  • 黒グリップ|硬い

硬度を変えている理由は、ツアープロスインガーは持ち手を変えると重さが変わる設計になっているからです。

ゴルフグリップ

グリップの先端を親指で押してみるとその違いは一目瞭然。地味なので言われないと気づかれない人もたくさんいたと思います。

赤|グリップが柔らかい理由

赤い方のグリップが柔らかい理由は、うねり棒が作り出すスイング動作をスムーズにする為です。

赤いグリップを握るのは、メインの練習法を行う時、つまり正しいスイング動作を習得する練習の時です。

ゴルフ グリップ

なぜなら、グリップのテンションを柔らかくしたことで、スイング動作が身体の方にテンションがかかるようになり、より動きを習得しやすくなるのです。

柔らかいグリップのメリット
・柔らかいので脱力感を出しやすい
・もともとグリップテンションが強い方におすすめ
・重い方が下に来るのでグリップが柔らかいことで、動作した時のハンドテンションを下げ、身体にテンションがかかるのでスイング動作がよりマスターしやすい。

黒|グリップが硬い理由

黒いグリップはより実戦に近い硬度になっています。

なぜなら、ヘッドスピードアップ練習の時に握るので、実戦により近い硬さなので練習を重ねても違和感を感じないボールにスイング動作のテンションが向き、さらに、スイング時のリリースがしやすくなります。

ゴルフ グリップ

硬いグリップのメリット
・実戦により近い硬さなので練習を重ねても違和感を感じない
・ボールにスイング動作のテンションが向く

練習器は本物のクラブとは違います。だから、ツアープロスインガーは練習器として最大限の効果が発揮できるようにしたいと考えグリップにもこだわりました。

三觜監修ゴルフ練習器具ツアープロスインガーの販売予約はこちらから

※グリップは長年をかけて独自に創り出した製法技術で製造されています。

2.グリップの正しい選び方

グリップの硬度を認識したところで、改めてグリップの正しい選び方をみていきましょう。グリップは7つの項目で構成されています。

  • 口径(コアサイズ)・外径
  • バックライン
  • 太さ
  • 硬度
  • 重量
  • トルク(ねじれ度合い)

次項の画像はグリップのカタログです。ステータスとして口径・バックライン・トルク・硬度・重量など記載されていますね。どのように見て判断すればいいのか解説します。

ゴルフグリップ

口径(コアサイズ)・外径

ゴルフグリップ

口径(コアサイズ)

口径とはグリップの内径のことです。口径の数字が大きくなればなるほどグリップの厚みが減り、装着時には細くなります。口径は、シャフトの太さにも関係してきます。

口径サイズは3つです。LJ・M56は女性・ジュニア用です。

  • M62|0.62インチ(15.7mm)
  • M60|0.60インチ(15.2mm)
  • LJ・M56|0.56インチ(14.2mm)

外径

外径はグリップのブランドによって詳細が異なります。グリップエンドからの外寸のことです。

バックライン

ゴルフグリップ

グリップの後ろに付いているラインのことをバックラインといいます。

  • バックラインあり|引っかかりがあるので一定の位置で握ることができる
  • バックラインなし|引っかかりがないので握る位置を自由に変えれる

太さ

太めグリップは手の大きい男性が使用し、細めのグリップは女性やジュニアが使用するのが一般的です。

  • 太すぎるグリップ|フック系の球筋の方におすすめ
  • 細すぎるグリップ|スライス系の球筋の方におすすめ

硬度

硬度の数値は素材・測定器によって表記が変わります。

  • 柔らかいグリップ|硬度45
  • 硬いグリップ|硬度55〜57

重量

グリップの重量はスイングバランスを考えて選ぶのがおすすめです。

  • 重いグリップ|スイングヘッドが軽く感じる
  • 軽いグリップ|スイングヘッドが重く感じる

トルク(ねじれ度合い)

トルクとはグリップのねじれ度合いを表す数値です。数値が小さいほどねじれにくいという意味です。

3.グリップにこだわりたい人は街のゴルフ屋さんへGO

グリップをカスタマイズして見たい!グリップ選びのアドバイスが欲しい!という方はお近くの街のゴルフ屋さんに行って見てください。

今回の記事を仕上げるにあたりアドバイスいただいたのも港区にあるゴルフ屋さんです。

港区にあるトラディショナルスポーツ さんのサイトはこちら

ゴルフグリップ
グリップの数はすさまじい。。。

お店には数えきれない種類のグリップがありました!これを全て把握するのはとても大変なので専門の方に聞くのが一番です!参考までに価格を掲載しておきます。

グリップカスタム参考価格
・グリップ本体の価格600円〜1700円程度
・グリップ交換料金は300円〜

グリップに関してスルーしていた方はまずは一本から試して見て、お気に入りの握り加減を見つけてみて下さい。

まとめ

これまでグリップに注目したことがなかった。という方も多いです。まずは自分のクラブのグリップの特徴を知ってみましょう。三觜監修ゴルフ練習器具ツアープロスインガーの販売予約はこちらから