自分にあったゴルフウェッジが発見できた!種類・選び方・替え時を完全解説

ゴルフ ウェッジ 選び方

ゴルフ道具

上級者になるほどウェッジにこだわる人が多くなります。

なぜなら、上級者であってもパーオン率は50%超えれば上々で、パーをセーブするにはグリーン周りからのアプローチショットやバンカーショットが非常に重要になってきますが、そこで効果を発揮するのがウェッジだからです。

最終的にゴルフのスコアを作るのはショートゲーム。スコアを左右するのがまさにウェッジなのです。

ウェッジは数多くのメーカーからいろんな形や機能のものがでているので今回は、ウェッジの種類と上級者〜初心者さんに合わせた選び方について解説していきます。

もし『得意なクラブはウェッジ』ならば、かなりのゴルフ好きor上手な方!まだそこまでではないという方も自分にあったウェッジの選び方がわかりますのでぜひ役立ててください。

1.ウェッジの種類|全4種類

はじめにウェッジの種類どんな時に使い・どんな特徴があるのか、について解説していきます。

※現在ではPW以外、ウエッジ名で呼ぶことはほとんどなく、クラブのロフト角度で呼ぶのが通例です。

1-1 ピッチングウェッジ(PW)

ピッチングウェッジは、主に100ヤードから110ヤードのフルショットやグリーン周りで転がすアプローチに使います。

もともとはロフト角が46度ないし47度程度のクラブですが、現在はロフト角が立ったアイアンが多いので、44度とか45度のロフトのPWがほとんどです。

アイアンセット内のものを使っている方がほとんどです。

1-2 アプローチウェッジ(AW)

アプローチウェッジは、80~90ヤードのフルショットやグリーン周りで使用します。

ロフト角50度~54度のクラブで、以前はセットに入っていることが多かったのですが、別途単品で買いそろえることが普通になりましたね。

また、PWとSWの間を埋めるという意味でギャップウエッジ(GW)と別名で読んでいる人もいます。

1-3 サンドウェッジ(SW)

サンドウェッジは、ウェッジの中では一番使用頻度が高いクラブ。

その名の通り主にガードバンカーで使用するウェッジで、60~70ヤード以下のショットやグリーン周りのアプローチにも多用します。

ロフト角は56度か58度になり、バウンス角やソール形状の違いなど一番バリエーションが多いクラブなのが特徴です。

1-4 ロブウエッジ(LW)

あまり一般的ではありませんが、グリーン周りで高さを出したいときやバンカーでピンが近いときなどに使用します。ロフト角は60度から64度ぐらいです。

ウェッジの種類と特徴を理解したところで、ここからは、ウエッジをどう選んだらいいのか紹介していきます。

2.ウェッジの選び方

ウェッジを選ぶ見るべき基本は、ネックの形バウンス角(出っ張り)です。

2-1.初級者におすすめのウェッジの選び方

まずはアイアンセットのウェッジで慣れる

初級者さんはバンカーショットはもちろん、フルショットよりも距離を合わせるショットやアプローチが苦手でグリーンが近づくにつれて大叩きをするケースが多い。時にはシャンクすることもあるでしょう。

初心者初級者レベルの間は、アイアンセットにAWやSWが入っていれば当分それを使えば充分です。わざわざ単品のウェッジを購入する必要はまだありません。

自分にあったウェッジを探す時

それでも自分に合ったウェッジが欲しいという方は、

  • グースネックでフェースが厚めのもの
  • バウンス角も大きめのウエッジ
  • SWは56度のものを選ぶ

がおすすめです。

SWは56度のものを選ぶ理由は、58度は難しいので初心者が選んではいけません。

シャフトもアイアンセットと同じ感覚で振ることができるよう、アイアンと同じ種類、重量のものがおすすめです。

2-2.初心者さんへおすすめの1本はコレ!

RTX F-FORGEDⅡウェッジ(メーカー:クリーブランド)

RTX F-FORGEDⅡウエッジ
出典:clevelandgolf

クリーブランドのRTX F-FORGEDⅡモデルは決して初心者向けではありません、おすすめです。

初心者向けでない理由は、女子プロも使うクオリティであること。

おすすめできる理由は、グースネックでワイドソール、バウンス角も大きめと、初心者でも使いこなせる要素が詰まっているからです。こういうクラブで練習すればきっと上達も早いと思います。ちなみにこのウエッジはレディース仕様もラインナップされているので女性の方にもぜひ使ってもらいたい究極の1本です。

ぜひこれから上達したい!という初級者ゴルファーさんはこちらのウェッジを手にとって見てください!

クリーブランドのRTX F-FORGEDⅡはこんな人におすすめ
早く上達したいと思っている初級者さん
初心者向けだけど高クオリティのものが欲しい方
見た目もかっこいいのがいい方
ゴルフは結構ガチでやりたい方

2-3.上級者さんのウェッジの選び方

上級者ともなると、フェースを開いたり閉じたりしてグリーン周りでもウエッジを駆使することになります。

プロのように1本のウエッジで上げたり、転がしたりいろんなアプローチを自由自在にする人もいます。そういう人にはストレートネックでフェースを開きやすく、操作性の良いもの、かつスピンの効くウエッジが要求されますので、シャフトはアイアンセットのシャフトより少し重めのシャフトを選んでみてはいかがでしょうか。

2-4.上級者さんへおすすめは国産を1本!

FHフォージドV1ウエッジ(メーカー:フォーティーン)

日本が誇るフォーティーンのウェッジ。日本シャフトと共同開発のこのクラブ専用のシャフトにより振りやすさを更に追求しています。

FHフォージドV1ウエッジ

出典:fourteen

構えやすいクラシカルなフェースと軟鉄鍛造の心地よい打感はさすがフォーティーンです。新台形スコアラインと独自の鏡面ミーリングにより高いスピン性能と雨の日でも安定したショットを可能に。

さらに!ロフト角41度〜60度まで幅広いラインアップ、3種類のグラインドソール形状を揃えるなど、プレーヤーの多様なニーズに応えてくれる優秀なクラブであることは間違いありません。

3.プロが最高の1本と呼んだ4本のウェッジを紹介

ゴルファーにとってスコアに大きな影響を与えるウェッジ。それゆえに多くのベストセラーや機能が高く評価され、プロが憧れ最高の1本と呼ばれるウェッジなる存在があるので紹介していきます。

そういうクラブは人一倍の愛着や所有する満足感も高いものがあるのでコレクターも大勢います。その名器の一部をご紹介しましょう。もし中古ショップなどで見つけた時は買い!です。(いい状態であれば、ですが・・・・)

※選抜は筆者の独断と偏見です。コチラの4本以外にも秀悦なウェッジはあります。

① フォーティーンMT28(メーカー:フォーティーン)

元祖劇スピンウエッジと呼ばれた2002年に発売されたフォーティーンのウエッジです。このクラブでフォーティーンの人気を不動のものにしたといっても過言ではないでしょう。

ここからMT後継シリーズ、いまのRMシリーズ、最新のFH ForgedV1へと進化してきています。

② ボーケイスピンミルド(メーカー:タイトリスト)

現在のボーケイデザインSM7の元祖となるウエッジです。

ボブ・ボーケイ氏設計による、ウエッジの代名詞のようなもので、多くのゴルファーが使用しています。

③ ミズノMP Rシリーズ(メーカー:ミズノ)

ミズノ独自の軟鉄鍛造製造のウエッジです。

ラウンド型のフェース形状と柔らかい打感と心地よい打音が多くのプロや上級者に支持されました。現在のMPシリーズ、MizunoProシリーズに継承されています。

④ キャロウェイXツアーウエッジ(メーカー:キャロウェイ)

それまでどちらかというと日本ではドライバーのイメージが強かったキャロウェイのウエッジを世に知らしめたクラブです。

強烈なスピンと操作性の良さが評価されました。石川遼プロが使っていたことでも有名です。

このほかにも名器と呼ばれるものはありますが、現代で評価されていると感じたものは4つでした。ぜひチェックしてみてください。

4.ウェッジの交換時期

最後にウェッジの替え時について少しお話をしたいと思います。

ウェッジは使用頻度も高く、練習回数によってもグリップはもちろんフェース面も劣化してきます。ここからは私の経験も踏まえて交換時期を紹介しますので参考にしてみてください。

初級者さん|レベルが上がったら交換

で、どうなったら交換したほうがいいかという話になりますが、私は初心者初級者の人は、レベルが上がったら、ということでいいと思います。

ゴルフが上達して、アプローチの種類もいくつか覚え、フェースを操作して上げたり転がしたりできるようになると必ず今のウエッジでは物足りなくなってきます。それが替え時でしょう。

中級者さん|スピンの効きが悪化したら交換

中上級者さんは、ラウンド数や使用回数も多くなりますし、フェースの使い方もわかっているのでだんだんフェースの溝がすり減ってきてスピンの効きが悪くなってきます。

またバンカーでよく使うウエッジは特にソールのメッキが剥がれサビが目立つようになってきます。

上級者さん|自分の感性を信じて交換

上級者は、経験で替え時の状況はよくわかっているので、替えないとと思ったその時が替え時といえます。

メーカーもほぼ2年ごとに新製品を出すスケジュールになっていますので、気に入ったウェッジであればその後継機種に交換すれば打ち方ヤフィーリングも大きく変わらないのでいいと思います。

まとめ

ウェッジはスコアメイクにとても大切なクラブであり、またパターの次に使用回数の多いクラブ。

それゆえゴルフを知れば知るほど魅力的なクラブであり、逆に悩み多いクラブでもあります。でも、ウェッジを自由に操れるようになればゴルフは最高に楽しいものになります。ぜひいろんなクラブを試して、記憶に残る、長くパートナーとなるべきウェッジを見つけてもっとゴルフを楽しんでください。