ヒョロヒョロ〜な弱い球よさらば!強い球を打つ為の3つのポイント

Golf strong ball

打ち方・上達系

自分ではしっかりインパクトしたのに、なぜかショートしちゃう。当たりが薄く、こすり球でヒョロヒョロと飛んでスライス気味。番手ごとの距離がしっかり打てない。それは弱い球だからです。

思うように強い球が打てないのは多くのアマチュアの悩みです。しっかりと強いインパクトが出来ていないのが大元の原因でしょう。

プロや上級者の球は風にも負けない、強いインパクトでしっかり飛んでいきます。インパクト音も違います。そんな強い球を打つためのテクニックをご紹介します。

強い球が打てれば、心地よい打感も含めて気分も爽快!

1.ゴルフの強い球とは

プロや上級者が打てる強い球とはどういう球をイメージしていますか?今回の記事で解説する「強い球」とは次のようなボールです。

  1. 風に負けずしっかり距離が出ている球
  2. しっかりと掴まった球
  3. ダウンブローで分厚いインパクトで打てた球
  4. 落ち際に弱しく弱しく右に曲がらずしっかりまっすぐ目標に向かって飛ぶ球
  5. アイアンではスピンがしっかり入り、グリーン上で止まる球

あたりの感触はよかったのにヒョロヒョロ〜と弱い球になってしまったことってありますよね。しっかりと力強い弾道にするために大切なポイントを次項で紹介していきますので、抑えておきましょう。

2.強い球を打つ3つのポイント

強い球を打つためにはどうしたらいいのでしょう。強い球を打つためには、分厚いインパクトでフェースローテーションを行って球を捉まえることが最重要です。

シンプルな仕組みとしては、打感がよく、しっかりフェースにボールが長く接地して打てたボール、ということになりますが、接地時間の長さなど一般のアマチュアにはなかなか理解できません。

①フェースをできるだけシャットに

強い球を打つためにはフェースをできるだけシャットに使いたいです。

そのためにはフックグリップにしてトップでフェースが空を向くぐらいフェースをシャットにして振り下ろしてみてください。ダウンスイングからインパクトに向けてしっかりフェースをローテーションしましょう。

②ダウンブローで打ち込む

ボールを自分で上げようとするのは絶対NGです。左への体重移動を意識し、ダウンブローでしっかり下へ打ち込むことです。

下半身、特に左腰を意識してしっかり打ち込んでいくことで分厚いインパクトとなります。ここで気を付けることは身体の開きをできるだけ我慢すること。身体の開きが早いとフェースが開き、掴まらず弱弱しい球となってしまいます。

③ディロフトする

ディロフトとはインパクトでロフトを立てて打つことをいいます。強い弾道にはハンドファーストは絶対条件です。

感覚的には、「パシッ」といい音とともに心地よい打感でボールが飛び出し、低く伸びのある球が打てた時に、「強い球」が打てたと理解すればいいと思います。中級者以上の方は練習場やコースで何度かこの感覚は感じていると思います。しかしながらいつも同じようなショットを打つのが難しいのです。

まとめ

安定して強い球を打つ、分厚いインパクトを実現するためには、ある程度ゴルフの基礎はできていることが必要になってきます。たまたま強い球が出たということがあるので、勘違いしがちなのもあります。安定して強い球が打てるというのが大切です。