「ドライバーがポンコツ!酷くて萎えた」ドライバーが絶不調な時におすすめな練習方法

Driver practice

ゴルフスイング

多くのアベレージゴルファーにとってスコアが悪くてもドライバーが調子よければその日は楽しい。なのでドライバーがだめだと究極に萎えるんです。

そこでドライバーの不調脱却の修正方法と下手さを改善するコツを紹介します。

絶好調な時こそドライバー練習の大切さをしみじみ感じます。「ドライバーの練習をしているのに、どんどん下手になっている気がする」そんな時に紹介する4つの修正コツと7つのチェック項目を役立ててください。

1.ドライバーの難易度が高い理由

ドライバーが難しいのは、シャフトが長いからです。

どのクラブよりも一番長くてヘッドが大きいので、ボールを打ちにいくと必ず振り遅れてしまい、フェースが開いて当たるのでまっすぐ飛ぶことがありません。

そして芝の上から打つのではなくティーアップでき、唯一ライを自分で選べるのも他のクラブとの違いです。

さらに、プレーヤーの気持ち的にも「飛ばしたい!!」という感情が先走ってしまい安定したスイングにならない。リキんでしまってヘッドが遅れて良い結果を生まないのです。

ドライバー以外のクラブを思い浮かべてください。クラブが短い8番アイアンやピンチングは、経験があれば安定したプレーができるはずです。

なのでドライバーを習得する時は、

  • ドライバーならではの特徴
  • ②感情面

の2つに注意して修正練習に入っていきましょう。

2.絶不調ドライバー7つのチェック項目

ドライバーの調子が悪い時、まず原点に戻って見ましょう。ドライバーの特徴を思い出してください。

①スタンスの向き

ドライバーが不調な時、目標に対してスタンスがきちんと向けていない場合が多いです。練習場だとマットの方向を頼りに打ってしまいがちですが、実際のコースではマットはありません。

目標に対してボールの先1mぐらいにスパットを見つけそこに向かってスクエアに立っているか確認してください。

②ティーイングエリアのボールセット位置

ティーイングエリアはすべてが平坦な場所ではありません。加えてティーマーカーもフェアウエイ中央を向いていない意地悪なホールもあります。それに騙されてはいけません。しっかりと目標方向に立っているか、ティーアップする場所は傾斜がないかを確認しましょう。

③グリップ

ドライバーのスライスで悩んでいる時は、グリップがウィーク気味になっていないか確認してみることも大切です。

ウィークグリップとは
体の前で手を合わせその手のひらの向きで握ったものをスクエアとしたなら、左に回転(右手のひらが下を向いた状態)で握ったものがウィークグリップ右に回転した(右手のひらが上を向いた状態)で握ったものをストロンググリップといいます。

④体重配分

ドライバーの理想とされる体重配分は右6左4。ドライバーのミスショットは左足に体重が乗り過ぎている場合が多いです。

⑤ボールの位置

これも個人差はありますが、ドライバーについては左足かかと線上とよく言われますが、なかなかこれが感覚的に難しいので、左脇の前にセットするようにしてください。

⑥ティー高さ

ドライバーが苦手な人はティーが高すぎる人が多いです。今の大型ヘッドではヘッドから少し上に出るぐらいの高さでいいと思います。

⑦ボールとの距離

ボールと身体の距離が近すぎたり、遠すぎたりしてもドライバーは上手く打てません。腕が曲がり過ぎない、伸びすぎない自分にあった位置を見つけることが大切です。

以上のことを1球1球チェックしながらドライバーを練習すれば必ずコースでもうまく打てるようになります。

3.絶不調に効果的なドライバーのコツ

次にプレー時に使用して欲しいドライバーの修正になるコツを紹介します。

コツ①ヘッドをボールから少しだけ右側にかまえる

アドレス時にヘッドをボールのすぐ右傍に置くのではなく、少し離して構える
ヘッドをボールから少し右側に離して構えることで、ヘッドの最下点を過ぎてボールに当たるイメージでスイングでき、アッパー軌道に当たることで球の掴まりがよくなる可能性があります。

コツ②ドライバーヘッドを走らせる

腕を振る意識をなくして、ドライバーヘッド(クラブの先端)を走らせる、早く動かすことだけに集中してスイングします。

ドライバーの苦手な人は腕を振ろうとすればするほどヘッドが遅れて振り遅れになります。腕ではなく、逆に手元を止めて、ドライバーヘッドを動かすイメージで振ると、球が掴まり、また飛距離が伸びる場合があります。

コツ③ボールを見ない

ボールをあまり見ずに最後まで振り切ることだけを意識してみてください。ヘッドスピードも上がりますし、しっかりヘッドがターンしていい結果が出やすいです。

コツ④右足前を一番速く振る意識で振り下ろす

飛距離を伸ばすためのコツとして、ボールとのインパクトの瞬間ではなく、その前、右足の前をヘッドが通る瞬間を一番早く振る意識でスイングしてみましょう。

ドライバーは修正練習も結構楽しいのでぜひ役立ててください。

まとめ

ドライバー練習の大切さをしみじみ感じます。

ドライバーは1ラウンド最大14回しか使わないクラブです。しかしアベレージゴルファーにとって一番練習するクラブでその日のラウンドの命運を握っているクラブといっても過言ではありません。苦手なドライバーを克服して楽しいゴルフを満喫してください。