うねり棒とフレループの違いは?曲がった練習器を徹底的に比較してみた

フレループ うねり棒

うねり棒

曲がったゴルフ練習器といえば、フレループとうねり棒の二つがあります。

  • どちらも曲がっているけど何が違うの?
  • どんな効果があるの?
  • どっちも気になってる…

どっちも気になってるけど、、、という方多いですよね。どちらがどう違うのか正しく知りたい!どうしようと悩んでいる方にフレループとうねり棒を徹底的に比較してみることにしました。

正直、悩んでいる間が一番ワクワクして楽しい気もするのですが、選ぶときの参考に役立てもらえればと思います。

1.フレループ・うねり棒|比較表

それぞれの公式サイト情報を元にわかりやすく比較表にまとめました。

商品名

フレループ
(FURE LOOP)

ツアープロスインガー(うねり棒)
画像 フレループ うねり棒
監修 小林佳則プロ発案・監修 三觜喜一ツアープロ監修
販売店・価格

メーカー希望小売価格 21,600円(税込)
楽天・Amazon:17,064円(税込)

公式サイトのみで販売
16200円(税込)
送料 無料
※販売店で異なることがあります
無料
ステータス 重さ:約525g
長さ:40インチ(101.6cm)

重さ:約540g
長さ:90cm

5色ブルー・グリーン・イエロー・オレンジ 1種類
素材 ヘッド:ラバー
シャフト:スチールシャフト
グリップ:TPRグリップ
シャフト:ステンレス
グリップ:エマストラーグリップ
効果

フレループが提案する正しいスイングとは?
大きなターンをするのでスライスが治りやすくドスライスの人に効果的な練習器

うねり棒が提案する正しいスイングとは?
シャフトのしなりを連動した動きで作り出すスイングのこと。

発売日 2017年6月〜 2018年6月〜

次項では比較項目をさらに細かく解説していきます。気になる項目をぜひチェックして見てください。

ふたつの練習機を今回比較した結論は、

フレループ  うねり棒

でした!どのような経緯で結論にたどり着いたか、次項で詳しく解説させていただきました。ぜひ参考にしてください。

2.フレループ・うねり棒の見た目を比較

フレループ・うねり棒

二本を並べるとこんな感じです。

まずはフレループ!

フレループのほうが長くて重く感じる

フレループは、曲がったシャフトに丸いボールがトップに着いています。

フレループ

  • トップの球体の部分は硬いラバー製
  • グリップもシンプルなものです
  • 好きな色を選べる

ゴルフバックに入れるとこんな感じ。丸いボールがひょっこり顔を出してます。

出典:takurosakaue.vm4さんのInstagram

うねり棒は2つのグリップで効果が違う・室内で使える長さ

うねり棒は曲がったシャフトにグリップが二つ着いています。

グリップ交換

  • 持つグリップによって重さが変わります
  • グリップの硬度もそれぞれ違います
  • 長さが90cmなので室内で使える

持った感じは赤いグリップを持つと重く、黒い方を持つと軽いです。赤い方のグリップの方が柔らかさを感じます。

ゴルフバックに入れるとこんな感じです。

出典:naokimae777さんのInstagram

練習場へ行けない人はうねり棒の利便性が高い。ゴルフ練習器具全般に言えることですが、室内でも使えるものを探すと案外無いです。

3.フレループ・うねり棒|振ってみた動画

フレループもうねり棒も使い方はとってもシンプル!参考になりそうな【フレループ振って見た動画】を紹介します。

フレループは強い遠心力を感じる

フレループアンバサダーを務めているマーク金井さんの最近のツイッターにフレループの動画を発見!これは参考になりますね。

出典:マーク金井さんのtwitter

参考になりそうな【うねり棒振って見た動画】を紹介します。画像をスライドすると別の角度での練習風景を見ることができます。

うねり棒は使い方も複数有

三觜プロからお墨付きコメントをされているので理想的なスイングができているユーザーさんです。

出典:naoki.mhiさんのInstagram

うねり棒は他の使い方もある
紹介した基本の練習動画以外にも使い方が他に4つあり動画で紹介されています。
基本の使い方
ヘッドスピードが上がる練習法
プロの肩の動きをマスターするカゴ連
右ハンドルから左ハンドルへの動かし方
プロ達がしているリリース方
クラブに持ち替えてボールを打つ流れまで

フレループもうねり棒も使い方はとってもシンプル!ですが間違った使い方もそれぞれ公式が紹介しているので購入前に理解をしておきたいですよね。

練習器を使って上達を確実なものにするために使う上での注意点を次項でまとめました。

4.フレループ・うねり棒|使い方の注意点

フレループ・うねり棒もそれぞれ使い方に注意して欲しいポイントを公式が公表しているのでわかりやすくまとめました。

フレループは関節への負荷に注意

必ず脱力してスイングすること

スイング時大きな負荷がかかる練習機です。必ず脱力してご使用ください。関節などに痛みが生じた場合ご使用をお控えください。(公式PDF参照)

遠心力が強いのでフルパワーで振ることができません。これは公式でも注意を呼びかけています。また、20回以上を超えて振り続けて練習していると、手首が疲れてくる感じがありました。練習するときは必ず脱力をして使った方がいいでしょう。

女性には重く感じるかも

長さとボールがトップについていることから振ると、大きなターンをして遠心力が感じられます。それがスライスを治しやすい長所でもあるのですが、女性や小柄な方だとフレループの遠心力が強く30回も振ることができず腕がクタクタに。

フレループは約525gとうねり棒の540gより軽いのですが実際に振り比べるとフレループの方が重く感じます。これは長さと曲がり角度によって感じる重さが異なるようです。

うねり棒は体幹を意識しないと意味がない

腕で振るのではなく体幹を意識して使うことに注意

うねり棒は間違った使い方を動画で公表しています。内容は腕だけで振りがちなスイング練習を体幹部を意識しましょうと言う点です。

うねり棒は、筋肉の動きを元に試作を繰り返された練習器であることが特徴でもあるので筋肉の使い方や身体の動きに意識することが同時に求められます。

うねり棒では、赤いグリップを持つと重く感じるので、赤いグリップを持って素振りすると負荷がかかりテイバック時に重みで先端が遅れて振れる。これは左ハンドルを自然に促してくれるのがよくわかります。

比較して気づいたこと
長さ・重さは大きな差はないと感じていたのですが、実際振ると全然違いました。フレループは強い負荷でローテーションがわかりやすい。うねり棒は自然に左ハンドルを感じられ、全く別の練習機であることに気づけた。

5.フレループ・うねり棒で得られる効果

それぞれの練習器具で練習をするとどんなことが身につくのかシンプルにまとめました。

フレループはどスライスが治りやすい

通常のクラブはローテーションが小さいので、スイングプレーンからズレた間違ったスイングでも勢いで振れてしまいます。クラブローテーションが大きいフレループは、スイング時に遠心力で慣性モーメントが多く発生するために、スイングプレーンからズレると違和感を感じやすいのです。(公式サイトより引用)

実例

カット打ちのゴルファーがフレループを振るとシャフトが寝ることが分かる。
→フォロースイングがしにくい。フレループで練習するとフォロースイングで肘がたためるようになる。結果としてカット打ちが治った。

うねり棒はシャフトのしなりと連動したスイングをマスター!

うねり棒でスイング練習することでゴルフでもっとも難しいと言われる、シャフトのしなりを連動した動きで作り出すスイング。この動きをうねるといい、結果飛距離が伸びます。(公式サイトより引用)

実例

最高でハンディキャップ6。ゴルフ歴50年の70代のユーザーさんの実体験を紹介します。

年齢とともにハンディキャップ12まで下がり70台も出なくなり、飛ばないしだんだんゴルフがつまらない感覚になってきていました。

うねり棒を購入してから練習場には行かなくなった。ずっと家で空いた時間はうねり棒をひたすら振る。振る。1ヶ月ほど練習してぐらいでラウンドに出たら、なんと飛距離も伸びて、ヘッドスピードが+5!上がったんです。自分でも驚きました。昔のスコアが戻った!ボールも曲がらないし、飛ぶようになった。ゴルフ歴は長いが今更ながらリリースの仕方がわかりました。70代の自分でもこんなに結果が出るんだからすごいね。

6.フレループ・うねり棒の設計の違い

曲がった練習器具のフレループとうねり棒を並べて見ました。曲がっているという共通点はあっても、長さも重さも曲がり角度も違うので効果は必然的に違います。

フレループ・うねり棒

もちろんグリップの硬度も全然違います。うねり棒の赤の方が太く柔らかめ。

フレループはクラブよりも大きいローテーションで設計

フレループは実際のクラブよりローターションが大きくなる設計になっています。そのため慣性モーメントが多く発生するために、スイングプレーンからズレると違和感を感じやすいのです。

うねり棒はクラブと同じ打点になるよう設計

うねり棒はクラブと同じ打点で設計されています。振ることで、ツアープロと同じスイング時のシャフトのしなりを再現し、振り続けることで筋肉が覚えていくという作りになっています。

7.フレループ・うねり棒を使った著名人のコメントまとめ

フレループ・うねり棒を実際に使った著名人がどんな感想を述べているのかまとめて見ました。

フレループへのコメント

マーク金井(フレループアンバサダー・analyzeサイト参照)
フレループは、シャフトが上反りしているのが特徴です。
言ってしまえば、ただそれだけですが、その練習効果はとても大きいものです。
スイングには、2つの回転があります。
ひとつは、ボディーターンなどと呼ばれる、カラダの回転。
もうひとつは、左腕とシャフトの回転(回旋)です。
この2つの回転をマッチさせることが、飛んで曲がらない、良いスイングの条件になります。
フレループは、多くのアマチュアが出来ていない、左腕の回転(回旋)が自然と身につく練習器具。
2つの回転を同調させるというスイングの核心を、振るだけで体感できます。

石川遼選手(アルバのギアコラム2018年04月11日掲載)
――『フレループ』に関しては?
石川遼 「片山晋呉さんのインスタを見たのがきっかけで、時系列としては自分がこのスイングに気づいてから確認のために最近になってこのフレループで素振りしながら使ってるという感じですね。今まではクラブを立てて下ろそうとするから、結果的にインパクトで手元が浮いてしまっていた。この真逆の動きに気づいて改善を実感したのは最近なので。今まではどうしても球を曲げたくなくて、ヘッドを真っすぐ、真っすぐ通そうとしていた。でも、そうするしかなかったんです。ボクの中では」

うねり棒へのコメント

比佐仁フィットネスドクター(推薦文)
Fitness doctor比佐 仁(ヒサジン) 。オリンピック強化スタッフ、フィットネスドクターとしても 活躍。(公財)日本野球連盟医科学委員。鹿屋体育大学客員教授も務めた人物。
――どうして練習機に『曲がり』が必要か?(公式サイト参照)
ゴルフは縦に作られたスイングエネルギーをスムーズに横方向に変換出来るかです。 ゴルフクラブはバットの様に重心が直線上に有りません。 曲げる事によりゴルフクラブと同じ重心のズレを作り縦から横にスムーズにこの練習器具は理想的に動作を作ってくれます。90cmの長さでリアルに強制的に動きを作る18度の曲がりは他に無い理にかなった設計になっています。 
この長さこの角度が最重要!計算されていますね。重量も体に無理無い540gは男性女性どちでも使用出来ます。個々に合った理想のスイングをマスターできる練習器具だと思います。

三觜喜一ツアープロ(公式サイト引用)
最大の特徴はそのしなりを勝手に再現できるという点。 トップからダウンスイングの時に容易にクラブ倒す動作を促してくれます。 クラブを倒すことによって正しいフェースターンでインパクトが身につきます。
多くのアマチュアの人たちはこのクラブを倒すことに苦戦をしています。
うねり棒を使うことでクラブが勝手に倒れる感覚が身につきます。

まとめ

比較して見てそれぞれのメリットを正直にまとめます。

フレループのメリット

  • どスライスの修正にはぴったり
  • 楽天ショップで購入できるのでポイントが貯められる
  • カラーのバリエーションが豊富

うねり棒のメリット

  • 室内で練習できる
  • インスタグラムで実際使っている生の声をたくさん見れる
  • 動画で使い方を解説しているのでツアープロが使い方を教えてくれる

今後も両方使って気づいたことがあれば更新していきます!