ハンドファーストが”できてるつもりの人”を”確実に打てる人”へ進化させる方法

ハンドファースト

ハンドファースト, 打ち方・上達系

インパクトの絶対条件であるハンドファーストが有効であることは知られています。

そのために設計されたのがハンドファーストマスターという練習器。本当にハンドファーストをマスターできるのか実際に使ってみて検証しました。

検証.ハンドファーストマスターを10日間使ってみた

普段からゴルフをしているジュニアの方にハンドファーストマスターを10日間使ってもらいました。

ハンドファースト

画像の通り、1日目ではハンドファーストを意識さえできていない状態から10日目にはインパクト時ハンドファーストに。こんな短期間でなぜハンドファーストを習得できるの?はっきり言ってハンドファーストはそんなに簡単にマスターできるスキルではないはずです。

どうやって、ハンドファーストをマスターできたのか?ハンドファーストマスターの機能性について解説していきます。

1.ハンドファーストをマスターできる3つの理由

実際使ってみて覚えるというよりは、「ハンドファーストできているつもり」の人達を「確実に打てる人」へ進化させることができたのだと思います。その理由は3つあります。

①100度ウェッジ

極端であるからこそ、トップの位置がどうとか考えずにインパクトから組み立てるので、ハンドファーストで打たなければまともに当たりません。

 Hand first
地面とほぼ並行なフェース面

②ハンドファーストで打たないとまともに当たらない矯正設計

ハンドファースト
手元の視点が大きく左に移動しないとフェース面がボールに当たりません。写真で見るより自分でボールを打ってみるとかなりハンドファーストになります。「こんなに左に移動するの?」と驚くぐらい左です。

③ハンドファーストでディロフトして当てる

プロが180ヤード以上も飛ぶのはヘッドスピードの差もあれど、それ以上にハンドファーストでディロフトして当てているからです。7アイアンが6アイアンのロフトになるわけなので飛距離が出ます。

頭ではイメージできてきたところで、次項で動画でその理屈を解説していきます。

2.【動画】ハンドファーストになる理屈を5つの動画で解説

設計と効果について

三觜プロコーチによるハンドファーストマスター基本の使い方

打ってるつもりから確実に打てる人へはっきりさせる方法

実際のクラブでハンドファーストを打つ!

ハンドファーストがうまく打てない人へ

3.ハンドファーストを固める弾道チェック

ハンドファーストで打てたかどうかは弾道でチェックします。

 Hand first master

×アウトサイドインでトゥダウン

ハンドファーストマスター弾道

フェース面が下を向きボールが高く上がってしまいます。

×フリップ

フリップ
ハンドファーストを意識するとフリップしてしまいやすいので、その理由と改善を動画で見ていきましょう。


出典:YouTube:三觜TV

×スクウェア

ハンドファースト マスター弾道
フェース面がボールに向いていないとスクウェアになってしまいます。

◎良い例のインパクトのフェース面

ハンドファーストマスター 弾道
フェース面の白線とシャフトが一直線になる様に構えて打ちます。

通常のサンドウェッジで80ヤード飛ばす人ならば肩から肩までの振り幅で40ヤード跳べばかなりGOOD!ナイスショットです。

4.使い方

①フェース面の白線とシャフトが直線になる様に構えます

ハンドファースト

②ハーフショットで打ちます

ハンドファースト

跳ね上げる動きはNGです。左ひじ下を旋回させ、かつ左手首を弓状に曲げる動きを入れると正しいハンドファーストの形になります。

まとめ

三觜喜一MITSUHASHI TV(チャンネル登録数20万人)

ハンドファーストが知らぬ間にできる様になる、練習を一緒に頑張っていきましょう。自分も初めは全然当たらないし、まともに跳びません、自分がいかにハンドファーストできてないかも思い知らされました。

コメント