案外しっくりくる!ロングアイアンの特徴・メリットデメリット総まとめ

Long iron

ゴルフスイング

初心者には非常に扱いにくいロングアイアンをバッグに入れている人を今では見かけなくなりました。

アイアンセットは5番からしか販売していないので5番アイアンをロングアイアンと呼ぶ人もいますが、やはりロングアイアンといえばは4番アイアン以下のクラブです。

ロングアイアンをコースで使うかどうかは別として、練習場でロングアイアンがしっかり打てるようになれば、アイアンはもちろん、ドライバーはじめ他のウッド系クラブもさらにしっかり打てるようになります。

今回は、ロングアイアンの特徴について解説していきます。ロングアイアンを練習することであなたのゴルフを一段階上げてくれるのでぜひスキルアップに役立ててください。

1.ロングアイアンの特徴

ロングアイアンとは4番以下のロフト角25度以下のクラブのことをいいます。

 Long iron

近頃はストロングロフトの飛び系アイアンが増え、5番アイアンでロフト角25度以下のクラブも増えているので、5番アイアンまでをロングアイアンと呼ぶこともあります。

2.ロングアイアンが難しい理由

アベレージにはとても難しいイメージがあるロングアイアンですが、その理由として次のものが挙げられます。

  • シャフトが長いのでコントロールしにくい
  • ロフトが立っているのでヘッドスピードがないと球が上がらないし掴まらない
  • 重心位置が高め
  • 一般的にソール幅が狭いのでウッド系のように滑らせて打つことが出来ない
  • ヘッドが小さくスイートスポットが狭い

アマチュアには同じロフト角のユーティリティやショートウッドのほうが明らかにやさしく打てます。

3.ロングアイアンのデメリット

ロングアイアンには4つのデメリットが考えられます。

  1. 打ちこなすにはある程度のヘッドスピードが必要
  2. しっかりインパクトできる相当のスキル・経験が必要
  3. 月イチゴルファーにはUTやショートウッドのほうがはるかに簡単なので使う理由がない
  4. アイアンセットに入っていないので種類が少なく、単品で揃えるとなると価格も高くつく

これらの難易度の高さがロングアイアン離れの理由だといえます。では次にメリットをまとめてみました。

4.ロングアイアンのメリット

アベレージゴルファーには難しいロングアイアンですが、ロングアイアンを打てるようになれば次のような6つのメリットがあります。

  1. 球が吹きあがらないので風の影響を受けにくい
  2. 狭いホールのティーショットに使える
  3. ウッド系に比べボールコントロールがしやすく、曲がる球(フックやスライス、フェードなど)を打ちやすい
  4. 低い弾道で攻められる
    これに加えて、
  5. 林の中から出すときなどは、木の枝の高さを気にせず、転がして出せる
  6. ランニングアプローチにも使える

今はあまり使っている人もいないのでレア度も感じますよね、普通のアイアンではもの足りたいという方は挑戦してみるのもいいかもしれません。

5.ロングアイアンをうまく打てるコツを紹介

難しいイメージのあるロングアイアンですが、打ちこなせれば周りから一目置かれることは間違いなしです。ではどうしたら打てるようになるのか、ロングアイアンの打ち方を教えます。

Step①グリップを短く持つ

ミート率を上げるためいつもより短く持ちましょう。

Step②7番アイアンのつもりで打つ

多くのゴルファーは7番アイアン以下であれば高い確率で上手く打てるのではないでしょうか?

ロングアイアンもまず苦手意識をなくし、7番アイアンを振っている感覚を持ちましょう

Step③ボールの位置は左にする

ロングアイアンの場合は7番8番アイアンよりもボールの位置を左側に置くイメージです。フェアウエイウッドを打つ時の位置ぐらいでいいと思います。

Step④ボールを上げにいかない

ロングアイアンはロフト角が立っているのでどうしてもすくい打ちや身体で上げに行く形になりがちですが、ヘッドを落とす、フェアウエイウッドのように横から払い打つイメージで打ちましょう。

Step⑤身体を回して打つ

トップで一呼吸おく意識をもってしっかり身体を回して打つのがおすすめ。

7番アイアンのイメージで打つと言いましたが、ロングアイアンの場合はシャフトが長い分、ヘッドが遅れる振り遅れの形になり、右に飛び出すケースが多くなります。トップで一呼吸置いて、しっかり身体を回すことを意識してスイングしましょう。

うまく打てるコツとしては他のアイアンと変わらないことを根底にしてください。ロングアイアンだからといっていつも以上にリキんだり、速く振ろうとする必要はなく、そういう思いが逆にミスにつながるのでここが重要なポイントです。

まとめ

確かにロングアイアンをマスターするにはかなりの練習とそれなりのヘッドスピードも必要です。案外ロングアイアンがしっくりくる!という方は少なくないですし上手に打てると非常に気持ちがいいです。