ゴルフ初心者に「これだけはやってほしい」正しいスイングを覚えるボールなし素振り

Golf swing

ゴルフスイング

僕がゴルフを始めてから常々思っていることなんですが、初心者さんはゴルフの素振りをボールを使わないでやったほうがいいです。

ボールを打つほうが断然面白いんですが、それだと確実に上達はしない。なので、「そろそろ本気で上達したい」って気づいた方だけでもいいんですが、ボールなしで素振りしたほうが上達します。

ゴルフ初めるといろんな攻略本やガイドラインを読み漁ると思うんですが、かなり情報が散逸していて、順序立てて読みにくいと思います。なので今回は、ゴルフ初心者さんが上達したいと思った時にやってほしい素振り練習を「上達する順序」で掲載していこうと思います。

1.これだけはマジでいますぐやるべき編

タイトル通りです。これだけは絶対にやってほしいというか、やらないで上手くなる人はいないと思います。「ゴルフ上手い人」のほとんどがやっていることなのでお願いします。

素振りを多くしてボールはたまに打つ

やってください。ボールなしの素振り。本当にお願いです。

スイングはゴルフの基盤みたいなもんです。どんなクラブでも、どんなシチュエーションでも必要なスキルなので安定させる必要があります。逆に安定すれば、細かすぎる悩みとかも減るしラウンドも自信もっていけるようになります。

でもやっぱり困ったことに「ボール打ちながら覚えたほうが楽しいに決まってる!!」と考える人がいらっしゃるんです。残念なんですが、そういう方たちはイレギュラーなミスショット連発します。「ゴルフ面白くない」と言っている人はだいたいこの人たちです。

ボールがあるとボールしか見なくなります。自分のスイングの体勢、筋肉、腕の振りがどうだったかなんて思考は皆無です。

こんな感じです、ボールを見て→ボールの軌道を見て→ボールの行先をみる。これしかしてません。この練習を何万回やってもボールを目で追う事は上手くなりますが、スイングの上達はかなり遅くなります。悔しいですけど、ゴルフスイングの習得はそいういうことなんですよ。

あえて、少し嫌な言い方をしますが、ボールなしで完璧なスイングフォームが何かわからない人がラウンドに来ても勝てません。それに勝てないだけならまだしも、不調の原因がスイングにあることに気づけないのでどんどん下手になっていくぐらいです。

ボールなしで素振りをすることで、スイングに必要な体勢、腕の振り方、筋肉の使い方、知識、思考回路を覚えることができるので、ぜひやってください。

クラブで素振り練習する

素振り練習してください。ただしクラブで。

口うるさく言いたくなんかないんです。せっかく「ボールを使わないで素振りしてみようかな」と思ってくれた人が少しでもいれば嬉しいです。ゴルフ初めたばかりの方に色々言って嫌な思いなんてさせてくないですよ。

でもバットで素振りの練習はしないで。

なぜクラブで素振り練習をすべきなのか、というと、バットでゴルフやらないからです。

家にクラブがあるのに、なぜかバット型で素振り練習と称する人がゴルフ界には多い上に、それを信じてバット振りまくる人が多いです。初心者がそれをやっても筋肉トレーニングにしかならず、全くスイング上達しないどころか、「重量があればもっといい」とまで考えどんどん重いものを振り出してしまいます。

そのうえ、通販を見ればバット型がスイング練習機としてたくさん販売されているんですよ。最悪です。バットは野球の道具なんですよ。野球上手くなりたい人とやっていることは同じです。

ゴルフの素振り練習はクラブで行うのが一番です。打点だってよく考えれば違います。力の方向もバットとクラブじゃ全然違います。ということなので、きちんとクラブを使って素振り練習をお願いします。

2.これをやれば正しいスイングがわかるよ編

とりあえず、上達するまでは下手くそでも気にせず、負けながら色々なことを学んでいきましょう。ここからは、必須ではありません、やってみると正しいスイングが何かがわかる方法を書いていきます。

ボールを隠して素振り

ボールを隠して素振り練習をすると、実際アドレスの時からボールが見えないのでスイングフォームに集中することができます。

Golf swing
図のような、赤い台のようなものがあればボールを隠すことができます。クラブに当たることもあるので、硬い紙とかダンボールなどの素材がおすすめです。

この方法はアメリカでよく使われているので知っている方も多いんじゃないでしょうか。この方法だと実際にボールを打つのでナイスショットだったのかどうかを知ることができます。

性格によっては「隠れていても気になる」という人もいますが、非常に有効な練習方法なので、スイングフォームに自信が付いてきた方がするのが良いでしょう。

Amazonのダンボールは薄いのでおすすめです。

目隠しして素振り

ゴルフのスイングは安定していることが基本です。安定しているとは、どんな環境下であれ同じフォームができるということです。寸分狂わないkpopダンスとか、同じ振りを繰り返すフィギアのようなことと同じです。

Golf swing

目隠しをして素振り練習をすれば、呼吸、骨格がどう動いているか、どこの筋肉を使っているか、自分の腕の振りのくせにかなり気づけることがたくさんあります。

目を瞑って練習することでフォームを安定させ、集中力もアップします。周りに当たるものがないか、絶対に人が通らない場所でのみ行うのが安全です。

ゆっくり集中して素振り

当たり前というか、いうまでもないのことですが、ゆっくり素振りすることでフォームを安定させる練習になり、早く素振りすることでヘッドスピードをあげる練習になります。

よくやってしまいがちなのは、考えずにただ振って筋トレになってしまったり、どんどん重いものを振ろうとしていくことです。

ボールのない素振りは「飽き」がきてしまうので、回数が少なくともゆっくり集中して行う必要があるでしょう。

カゴ連で基本の動きをマスター

ゴルフの動作をする前に肩・肘・肩甲骨・腰回りの筋肉の可動域を広げておくと安全です。

いきなり素振り動作しても動きの正解がわかりにくいです。どうせ行うのならば、スイングの基盤の動きが全て習得できるカゴ連がおすすめです。


出典:三觜TV-6万再生以上の動画|「カゴ練」でゴルフスイングの基本的な動きを覚える

素振り練習の前に数十秒この動作をするだけで基本的な動きをより理解でき、体の可動域も上がります。初心者であれば必ず行いましょう。

正しいスイングをものにするには

初心者であれば「スイングの正解がわからない」方が多いと思いますが、この時、指南を求める相手はよく考えて選びましょう。

よくやりがちなのは、近しい知り合いに教えてもらう流れになります。基本的にそれはやめた方がいいです。骨格や筋肉のつき方、体格、スポーツ経験が異なる相手と同じスイングのやり方が合うわけがないし、教え方も重要だからです。

「正しいスイング」がなんなのかを理解するための方法をおすすめ順に紹介します。これができると上達速度が格段に上がります。

①ティーチングプロ

技術も教えるのもプロであるティーチングプロに初め教えてもらうを確実に「正しいスイング」に近づけます。初心者だからこそティーチングプロに教えてもらう価値があると思います。ただ、月額制・会員制であることが多いので信頼できる人を探す作業から始めましょう。

②スイング練習機

スイングの基礎となる動きを習得できる練習機を購入します。自宅にあるので好きな時好きなだけ練習することができます。

③憧れのプロのスイングを徹底的に分析・真似をする

自分の好きなプレーヤーのフォームを徹底的に真似します。プロはフォームにバラつきがありません。ただ体格が近いといいです。

ゴルフのうまい人が教えるのも上手いとは限らないので、おすすめした3つの方法がぶっちゃけ初心者のうちはいいです。というか、僕は随分遠回りをした人間なので、この方法を初めに教えて欲しかったぐらいの気持ちです。

いずれ来るスランプの乗り越え方

プロにも必ず訪れる、調子の悪い時期「スランプ」。正しいスイングが行方不明になり何をやってもうまくいかない時期が訪れます。そんな時は、原点に戻り上記で紹介した3つの方法で正しいスイングに矯正修正しましょう。スランプ時期はいかに早く脱出するかです。

スイングに自信を持てればゴルフライフをかなり有利に楽しむことになるでしょう。

まとめ

こんなところでしょうか。初心者は下手でナンボ、失敗してナンボなのです。少しづつ上手くなっていきましょう。初心者から中級者へなった時、迷える初心者がいたら教えてあげてください。ぜひゴルフを楽しんでやっていきましょう。