雨の日ゴルフに使えるワークマンのレインウェアおすすめ5選

golf rainwear workman

ルール・マナー

ゴルフのレインウェアは価格が高いのが難点ですよね。

欲しいんだけれど価格が悩みどころ、そんなユーザーに応えてくれたのがワークマンです。

高コスパで高機能なゴルフに使えるレインウェアがとっても好評なんです。

今回はワークマンで購入できるゴルフに使えるおすすめのレインウェアを紹介します。

オンラインでも購入はできるんですが、送料がかかりますので、店舗購入が試着も兼ねて個人的にはおすすめです。

1.ワークマンで買えるレインウェアの特徴

ワークマンで購入できるレインウェアの特徴をまとめました。

高コスパ価格

テーラーメイドのレインウェアはワークマンレインウェアの5倍の価格設定。

ワークマンのレインウェアなら上下セットで5000円切る価格はとっても嬉しいですよね。

20種類と種類が豊富

ワークマンのゴルフでも使えるレインウェアは、20種類ほどあり、機能性とデザインが違い種類が豊富です。

好みの色やデザインを見つけることができます。

レインウェアとして高機能

ワークマンのレインウェアは、耐水圧/10,000mm、透湿度/5,000g/㎡ 24hでレインウェアの機能をしっかり対応。

撥水に超ストレッチ素材でデザインもシンプルで使いやすい上に、ぱっと見ワークマンだとわからない。

耐水圧(たいすいあつ)とは

耐水圧(たいすいあつ)とは、水圧に対してどれだけ耐えることができるかをします数値です。

高い耐水圧は雨漏りや湿気から身をな守る効果があります。

例えば、耐水圧が20000mmの場合、1平行インチの面積に対して約20メートルの高さの水柱をサポートできることを示してます。

耐水圧20000mmは、非常に強い雨や激しい気象条件にも耐えられる高い防水性が期待できます。

  • 1000mm-5000mm| 軽い雨や霧に対応、通常は軽いアクティビティや日常の使用に適しています。
  • 5000mm-10000mm|中程度の雨に対応、軽いから中程度のアウトドア活動やスポーツに適しています。
  • 10000mm-20000mm|強い雨に対応、激しい雨や濡れた状況でのアクティビティに適しています。
  • 20000mm以上|非常に強い雨や厳しい気象条件に対応、激しいアウトドア活動や過酷な環境での使用に適しています。

ワークマンで一番高い耐水圧は20000mm。低い耐水圧は2000mmです。ちなみにテーラーメイド、タイトリストは耐水圧が20,000mmです。

透湿度(とうしつど)とは

透湿度とは、通気性、蒸れにくいかどうかを表す指標です。

特に汗かきの方は透湿度を重視しないとゴルフなどの運動をすると蒸れてサウナ状態になってしまうのでとても重要な指標です。

透湿度が高い素材は、外部からの水蒸気を内部に透過させ、逆に内部から発生した水蒸気を外部に逃すことができます。

例えば、透湿度:3000g/m2/24hの場合、かなり蒸れにくく、発汗からくる水蒸気を外部にしっかりと逃し、激しいゴルフプレーを快適にすることができます。

  • 5000g/m²/24h未満|日常の通勤や軽いアクティビティ
  • 5000g/m²/24h-10000g/m²/24h|ジョギング、ハイキング、サイクリングなど
  • 10000g/m²/24h-20000g/m²/24h|ランニング、トレイルランニング、登山、ゴルフなど
  • 20000g/m²/24h以上|ランニング、サイクリング、スキー、スノーボード、ゴルフなど

ワークマンで一番高い透湿度は25000g/m2/24h。一番低い透湿度は2000g/m2/24hです。ちなみにテーラーメイド、タイトリストの透湿度は20,000g/m2/24hです。

デザインとスタイル

防水機能が優れているだけではなく。デザインやスタイルも自分の好みに合ったものを選ぶことでゴルフ以外の日常使いも楽しくなりますよ。

フードと調節機能

フードの形状や取り外し、収納できるかどうかを注目してください。

雨をしっかり防ぐためにフードも必要ですが、デザインによっては視界が悪くなってしまうのでゴルフとしては帽子の方が適しています。

フィット感と動きやすさ

ゴルフ用のレインウェアは動きやすくなければなりません。フィット感があり、軽量で機能性が高くなくてはなりません。

適切なサイズを選ぶ必要があるので必ず試着をして購入してください。

2.ワークマンのゴルフで使えるおすすめのレインウェア

ワークマンのゴルフにも使えるレインウェアは、20種類ほどあります。

テーラーメイド、タイトリストのレインウェアが耐水圧が20,000mm透湿度は20,000g/m2/24hなので、それに近いものをゴルフプレーに適応しているとして紹介しています。

上下で4900円!ストレッチも抜群に良いレインスーツ

3レイヤー透湿ストレッチレインスーツ
ワークマン公式サイトはこちら

golf rainwear workman
画像出典:ワークマン公式サイト

商品番号R1300
管理番号67707
ワークマン販売価格:4900円
カラー:シルバーグレー/レッド/ブラック
サイズ:S/M/L /LL/3L/5L
耐水圧:20000mm(非常に強い雨や激しい天候でも大丈夫)
透湿度:3000g/m2/24h(まあまあ蒸れにくい)

圧倒的な耐水性とストレッチ素材が人気です。フードは取り外しや収納ができないので注意。見た目にはワークマンとどこにも書いていないのもポイントが高いです。

最強に蒸れないレインパンツが3900円

イナレム 2WAY クライミングパンツ/アスレパンツ
ワークマン公式サイトはこちら

golf rainwear workman
画像出典:ワークマン公式サイト

商品番号NR008
管理番号68532
ワークマン販売価格:3900円
カラー:グリーン/レッド/ブラック
サイズ:S/M/L /LL/3L/4L
耐水圧:20000mm(非常に強い雨や激しい天候でも大丈夫)
透湿度:25000g/m2/24h(かなり蒸れにくい)
短パンにもできる

ワークマンレインパンツの中でも最強に蒸れにくい透湿度25000g/m2/24h。テーラーメイド、タイトリストの透湿度は20,000g/m2/24hなのでそれよりも高い透湿度です。

上下セットで4900円とっても軽くて柔らかい着心地

レインスーツジョーカー2
ワークマン公式サイトはこちら

golf rainwear workman
画像出典:ワークマン公式サイト

商品番号9400A
管理番号67721

ワークマン販売価格:4900円
カラー:グリーン/レッド/ブラック
サイズ:S/M/L /LL/3L/5L/7L
耐水圧:15000mm(非常に強い雨や激しい天候でも大丈夫)
透湿度:10000g/m2/24h(かなり蒸れにくい)
フードを収納できる

ゴルフのレインウェアで購入している人が多いです。

スポーツっぽいデザインで生地が柔らかくかなり軽い着心地がゴルフにぴったりです。インフード付きなのでフードを収納することができます。

機能性抜群なのに高コスパ上下セット3900円

アクティブワークレインスーツ
ワークマン公式サイトはこちら

golf rainwear workman
画像出典:ワークマン公式サイト

商品番号R024
管理番号67663
ワークマン販売価格:3900円
カラー:ブルー/グレー/チャコール
サイズ:M/L /LL/3L/5L
耐水圧:10000mm(非常に強い雨や激しい天候でも大丈夫)
透湿度:10000g/m2/24h(かなり蒸れにくい)
フード取り外しできる

フード取り外しで素材が高級感がある見た目なのに3900円と高コスパ!透湿度25000g/m2/24hはテーラーメイド、タイトリストの透湿度20,000g/m2/24hと同じです。

YKKファスナー採用で水の染み込みを防ぐ

レインスーツストレッチパーフェクト
ワークマン公式サイトはこちら

golf rainwear workman
画像出典:ワークマン公式サイト

商品番号R600
管理番号67555
ワークマン販売価格:4900円
カラー:ブラック/ブルー/ライムイエロー/レッド
サイズ:S/M/L /LL/3L/5L
耐水圧:10000mm(非常に強い雨や激しい天候でも大丈夫)
透湿度:8000g/m2/24h(かなり蒸れにくい)
フードをロールアップでまとめることができる

フロントジップのみYKK社の止水ファスナーを使用されているので水が染み込まない安心設計です。

細身のシルエットながら動きやすい縦横のストレッチがゴルフプレーの邪魔になりません。

おすすめのワークマンレインウェアは以上になります。サイズ感はブランドによって変わりますので試着を個人的にはおすすめしますよ。

3.雨の日にゴルフに行くときのマナー

ゴルフに適切なレインウェアを見つけられたら、改めて雨の日にゴルフに行くときのマナーをおさらいしておきましょう。

雨の日にゴルフに行く時は、特別な注意とマナーが求められます。

ゴルフ場へ連絡

微妙な雨の時がありますよね。そんな時はゴルフ場に到着する前にゴルフ場のスタッフに問い合わせをしておくといいでしょう。

プレー可能かどうか、キャンセルの条件についても確認しておくと安心です。

雨天時のプレーは短縮を検討することもあります。18ホールすべてを回るのが天候上難しい場合9ホールに短縮したり、ホールを飛ばすことが許可されます。

雨具の準備

  • レインウェア
  • 防水ゴルフシューズ
  • 防水帽子
  • 濡れた時のグリップ用のタオル
  • 雨天用のグローブ

を準備してコースへ出かけましょう。

グリーン上への配慮

雨天時のグリーン上での足跡や土の付いたボールをなるべく避けて、次のプレーヤーも気を使いましょう。

さらにゴルフカートを利用する際は、濡れたグリーンやフェアウェイにダメージを与えないように気をつけましょう。

雨の状況によってはゴルフカートの使用が制限される場合もあるのでゴルフ場に確認してください。

雨の日のゴルフは特別な配慮が必要ですが、マナーやコミュニケーションを大切にして楽しいプレーを心がけましょう。

4.ゴルフはレインウェアを着る必要があるのか?

ゴルフのルール上はレインウェアを着ることは義務付けられていません。

ずぶ濡れになりながらプレーすることもできるのですが、マナー上はNGです。濡れたままクラブハウスやレストランを利用できませんし、一緒に回る仲間の迷惑になってしまいます。

濡れたグリップでのスイングもベストコンディションでプレーできるとは言えないでしょう。

さらに雨に濡れてしまうと体温が下がりやすくなってしまうので風邪をひかないかも不安材料です。

暖かい季節や雨が軽い場合はレインウェアを着用しないプレーの選択もあるかもしれませんが、ゴルフで雨が降った場合はレインウェアを着用するのが一般的です。

重要なのは、自分の快適性とコンディションに合わせて適切な対策を取ってください。

まとめ

雨の日ゴルフはレインウェアによってプレーの快適さがかなり左右されます。

重要なのは、快適にかつ周りとのコミニュケーションを大切にプレーすることです。

コメント