ゴルフボールにあたらない・あたっても飛ばない悩み|原因と解消法をシンプルに解説

ゴルフ あたらない

打ち方・上達系

「止まってるボールに、あたらない。ゴルフむいてないのかな」と悩むほどあたらない時があります。

「ちゃんとボール見て」とか「頭を動かすな」と言われるけど、余計にあたらないわけです。

初心者にありがちな「ボールに当たらない」「当たってもちゃんと飛んでいかない」悩みにシンプルに原因と解消方法を解説します。

1.当たらない原因

ボールにきちんと当たらない原因について、結論は、アドレスの位置にインパクトの時点でクラブフェースがきちんと下りてきていない。

ということになるのですが、正直に話しますと厳密には、個々の体格とプレーの癖によって多少誤差があります。あえてタイプ別にすると、次の4つが考えられると思います。

原因①身体の動きに意識がいきすぎてクラブが正しく振れていない

ゴルフ 当たらない

「体重移動をしなきゃいけない」「飛ばさなきゃ」と思うがあまり、左右に動きすぎるとクラブがきちんと下りてこず、当たらない、ダフッたり、トップしたりしてしまいます。

原因②身体の上下動が大きすぎて当たらない

これも「飛ばさなきゃ」とか「ダウンブローに打ち込まなきゃ」と思うがあまり、リキんで、上下動が大きくなりすぎて当たりません。

原因③飛ばす方向・ボールを見ていない

「ボールぐらいちゃんと見てるよ」と言われるでしょうが、実際スイングが始まると、飛ばす方向やクラブの動きのほうが気になって、ボールを見ていない初心者は多くいます。

原因④ヘッドアップ

どうしてもボールの行方が気になるのでボールを打つ前に頭が上がってしまってちゃんと当たらない、初心者のみならずアマチュアゴルフアーの多くが経験することです。

誰にでも言えることは、ゴルフスイングを頭で理解しきれておらず、プレー中精神面がぐちゃぐちゃに。体で覚えるより先に頭で理解することが大切です。これがゴルフは頭脳戦と言われる所以です。

2.コースに行くと当たらなくなる

練習場ではちゃんと当たるのに、コースに行くと、ダフッたり、トップしたりでちゃんと当たったためしがない、という人も大勢いるでしょう。コースは練習場と違い、一発勝負なので一打一打プレッシャーも半端ないですし、目標に対してしっかりアドレスする基本動作が特に初心者は出来ていないことが原因です。ゴルフはやはりラウンド経験がものをいうスポーツです。そこは練習場でしっかり自信をつけて、ラウンドで実践する、という繰り返ししか上達の道はありません。

3.ボールに当たらない経験を克服した実際の方法

ゴルフをはじめたての時はボールもまともに当たらない、それなりに経験を積んでも、当たらなくなってしまうことがあります。

これからお伝えする時は、ボールが当たらなくなってしまったときに実際に克服できた方法を解説します。

①手だけで振る

アドレスの位置にクラブヘッドを戻すには、体重移動をせず、手だけで振る練習が効果的です。

飛ばすのは二の次で、スイングプレーンを重視してクラブを振ることに重点をおきます。

②ベタ足

スイング中、両足のかかとを上げない、いわゆるべた足でのスイング、素振り練習も効果的です。

③ボールを上げようとしない

初心者がミスする大きな原因はボールを上げたい、という気持ちです。こうすると、どうしても身体の上下動が大きくなります。

ゴルフクラブはもともとボールが上がるように設計されていますので、クラブを信じることが大切です。自分で上げようとせず、クラブをしっかり振り切る、クラブヘッドを下へ落とすことに注力しましょう。まずはクラブ長の短い、ウエッジやショートアイアンで反復練習をしてください。

④7割ぐらいの力感でスイングする

目いっぱい振ろう、飛ばそうとすると、ろくなことがありません。グリップを緩めに握り、肩から肩ぐらいのスリークオーターを心がけ、リラックスしてスイングしてください。ちゃんと当たれば、自分が思っているよりも力を入れなくてもボールが飛んでいくことを実感できます。

⑤グリップを短く握る

グリップエンドから指3本ほど短く握って練習することも当たる確率を上げる効果があります。

⑥両膝の高さを変えないことを意識する

両膝の高さを変えないことだけに集中してスイングします。上下動をしないためのポイントです。これができるようになると難しい傾斜地でのショットも上手くいきます。

⑦最後までボールの左側を見続ける

ヘッドアップする人に効果的なドリルです。インパクト後も最後までボールの左側を見続ける意識でイングします。フィニッシュまで振り切ってから、やっと頭を上げる意識です。

最初にも言いましたように、当たらない原因は千差万別です。自分に合うドリルやポイントがあればぜひ実践してみてください。

まとめ