【ゴルフボールの位置を画像で解説】基本位置・クラブの番手ごと・打ちたい球によって紹介

ゴルフ ボール の 位置

ゴルフスイング

打ちたいボールやクラブの番手によってボールの位置を気にしたことがありますか?ゴルフ理論の中でもいろいろな考え方がありこれが絶対というものではありません。が、結構信じている人は少なくないと思います。

そこでクラブの番手や打ちたい球によるボールの位置についてご紹介したいと思います。

ボール位置は、スイングスタイルによっても違ってきますし、打ちやすい位置は微妙に人それぞれでもありますので練習やラウンドを重ねて自分に合った位置を探してください。

基本のスタンスからどう変化することでのメリットデメリットを図解でまとめましたので参考にしてください。

1.ゴルフボール基本の位置

ボールの位置の基本はスタンスの真ん中が基本です。

ボール 位置

クラブを剣道の竹刀と考えて、「メーン」と下へ落としてください。そこが真ん中です。正確に真ん中にボールを置くのが難しいので、この方法を使ってみてください。

真ん中にセットするのはショートアイアン以下と考えましょう。

2.クラブごとに変わるボール位置|一覧

人それぞれ自分にあった位置は、ボール半個よりもっと微妙な違いがありますので自分に合った、ヒットできる位置を探していきましょう!あくまで一つの目安として次項を紹介をしていきます。

ゴルフボールの位置

真ん中にセットするのはショートアイアン以下です。ショートアアイアンやウェッジより長いクラブは真ん中から左に寄せてセットすることになります。よってドライバーが一番左寄りにボールをセットすることになるわけです。

クラブが長くなるにつれて、自然とボールとの縦距離も身体からだんだん遠くなり、番手が小さくなるにつれ身体に近い位置にセットすることになることも覚えてください。

以下がクラブによるセット位置の一覧です。※平坦なライの場合

①ドライバー|左脇の線上

ドライバーのボール位置は、左脇の線上がおすすめです。

ボール 位置

ドライバーはクラブが長く、身体から一番遠くにセットすることになります。

よく「左足かかと線上」と言われますが、スタンスの広さやアドレスの向きの違いもあって、初心者にはなかなか分かりにくいですし、いつも同じ場所にセットするのは難しいですよね。

わかりやすくて簡単なのは、ドライバーのボール位置は、左脇の線上です。こう考えたほうがシンプルでいつも同じ位置にセットしやすいと思います。

②フェアウェイウッド・ユーティリティ・ロングアイアン

ボール 位置

左脇の線上よりボール半個から1個分右寄りにセットします。

③ ミドルアイアン

ボール 位置

スタンスの真ん中からボールを半個ないし1個左寄りにセットします。

④ ショートアイアン以下

ボール 位置

スタンスの真ん中にセットします。

クラブごとにボールの位置を変えることでボールへのテンションがプラスに働くと思います。

3.高い球を打ちたい時のボール位置

高い球を打つ場合は、ドライバーはボールの位置を変えず、ティーを高くセットします。

ゴルフ ボールの位置

ドライバー以外のクラブは、先ほどの位置よりボールを若干(半個ほど)左寄りにセットします。
そしてフィニッシュまでしっかり振り切ります。

4.低い球を打ちたい時のボール位置

低いボールを打つ場合は、先ほどの逆で、ドライバーは位置を変えずティーを低くし、その他のクラブは若干(半個ほど)右寄りにセットします。

ゴルフ ボールの位置

この場合はフィニッシュまで取らず、左肩ぐらいでクラブを止める意識でスイングしたほうが低い球が打てます。(ただ練習不足だと球が掴まらず右にすっぽ抜けるので練習は必要です)

5.傾斜から打つ時のボール位置

傾斜から打つ場合のボールのセット位置が一番難しいです。複合ライの場合はさらに難易度が高くなりますが、クラブを短く持って大振りせず、ボールとのコンタクトを最優先に考えれば大きなミスは防げます。

①左足上がり・左足下がり

ゴルフボール位置

基本の位置からボール半個から1個右足寄りにセットします。

②つま先上がり

ゴルフボールの位置

フックしやすいライなので、少し右を向いて基本の位置からボール半個から1個右寄りにセットします。また、ボールとの距離が近くなるので、クラブを短く持ちます。

③つま先下がり

ゴルフボールの位置

つま先上がりと逆にスライスしやすいライなので、少し左を向いて基本の位置からボール半個から1個右寄りにセットします。このライはボールとの距離が遠くなるのでクラブは普通の長さで持ち、膝を曲げてボールに近づいて構えます。

6.アプローチのボール位置

ゴルフボールの位置

①ランニングアプローチ

右足寄り(極端にいうと右足つま先前でいい)にセットします。

②ピッチエンドラン

スタンス真ん中にセットします。

③ピッチショットやロブショット

真ん中よりボール一個左寄りにセットします。

まとめ

スタンスの真ん中を基本として、クラブや打ちたい球、傾斜によってボールの位置を微妙に動かすことが重要です。人それぞ自分にあった位置は、ボール半個よりもっと微妙な違いがありますので練習場やラウンドでしっかり自分に合う、しっかりヒットできる位置を探していきましょう!