うねり棒の赤グリップを2フィンガー余らせて握る理由

ゴルフグリップ

うねり棒

うねり棒の赤グリップは練習器具用に作られたものです。今回は赤グリップの握る位置について知って欲しくこの記事を書くことにいたしました。結論から言いますと、うねり棒の赤グリップの方は2フィンガー余らせて握るようにしてください。

「グリップエンドで握った方が飛ばせる気がする」

その気持ちはわかります!が、うねり棒は理想のスイング動作を身体に記憶させるのが目的練習器具なのです。

今回は赤グリップの正しい握り方とその理由について解説していきます。

1.うねり棒赤グリップの正しい握り位置

グリップエンドから指2本分のところで握るのが正しい位置です。

グリップ握り方

グリップ 握り方

実は、トッププロでグリップエンドを握っているプロゴルファーはいません。

三觜TVのYouTubeチャンネルでは、よく『2本指エンドを空けて持ちましょう』と、度々紹介されます。

昔、「グリップエンドを持つと遠心力が上がり飛ぶ!」という説が根拠なく広まりアマチュアゴルファーで実践している人は多くいました。今もそれを続けている人は少なくありません。

ではなぜ、うねり棒の赤グリップはグリップエンドを握ってはいけないのでしょうか?理由を次項で解説していきます。

2.うねり棒赤グリップを2フィンガー余らせる理由を検証

うねり棒の赤グリップをグリップエンドで握ってはいけない理由は、うねり棒が強制的に繰り出す理想のスイング動作をしなくなるからです。

グリップの握り位置を2フィンガー変えただけで、なぜこのようなことが起こってしまうのでしょうか。

すごく簡単な動作検証で、わかりやすい方法があるので実際に検証して見ました。クラブ1本で試すことができます。

検証

とても単純な検証ですが、かなりわかりやすいのでぜひやってみてください!検証ではクラブ1本を使いました。

ゴルフグリップ握り方

①グリップエンド握ったクラブを、前に伸ばした状態で上下に動かします。

②グリップエンド指2本分空けた位置で握り、腕を前に伸ばした状態で上下に動かします。

検証結果

検証してみた結果、次項のことがわかりました。

  • 指2本分空けてグリップエンドを握った方が確実に安定した動作ができる
  • グリップエンドで握った方がクラブが重く感じる→重く感じるので腕や手首の筋肉で支えなければならない

ゴルフグリップ握り方

グリップエンドで握ると同じクラブなのに重く感じます。重いので手首や腕に力が入り、結果腕の力に頼ったスイングになってしまいました。

グリップエンドから指2本分を空けて握ると言うことは、結果、安定したスイングを生み出しやすいのがわかります。

3.グリップエンドで握るデメリット

それでも「グリップエンドで握りたい!」という方はいると思います。グリップエンドで握りスイング練習をするとどんなデメリットがあるのか具体的に解説をしていきます。

グリップエンドで握ると、スイング動作が安定しません。

さらにクラブも重く感じます。重く感じるので必然的に腕と手首に力を入れて握りざるおえなくなり、理想のスイングとどんどんかけ離れてしまいそうです。

4.グリップエンドから2本分空けて握るメリット

うねり棒の赤グリップの握り位置を理解したところで、その他のメリットも解説しておきます。

  • 安定した動きを継続できる
  • クラブをコントロールできる
  • 腕・手首の力に頼らず、スイングと連動した筋肉動作を行える

正しい位置で持つと安定とコントロールができることがわかりました。これまで自然にできた方もいたと思いますが、改めて頭で理解できるかと思います。

5.スイング練習の動作は安定していることが重要な理由

安定した動作でスイング練習=スイングの再現性を高める

スイング練習において安定したスイングを生み出すことが重要な理由は、再現性。これに尽きます。

プロとアマチュアの違いは再現性の差です。プレッシャーがのしかかる極限状態でプレーをしてもわずかな誤差でコントロールができるほどスイングに安定していることは非常に重要です。

アマチュアと上位プレーヤーの具体的な差

スイングの安定性がプレーには大きな差になってしまうのはわかりますよね。

もちろん正しいグリップ位置でスイングしただけで完璧になるということではありませんが、重要な要素のひとつです。

アマチュアは、スイングが不安定なので、毎度狙ったところにボールは落ちないし、ショットが良かったり悪かったりと自分の意思でプレーコントロールできません。

しかし、アマチュアの中に、プロ並みに上手い人っていますよね。それは、プロのスイング動作でスイングの再現度が高い方とといえます。

6.黒グリップについて

黒のグリップは市販ののグリップの平均硬度です。同じ太さのこのグリップを交互に使う事により無意識にボディーターンを身に付ける事が出来るようになります。

但し通常より重い事使用頻度が多い練習機なのでグリップ交換は必要になります。

まとめ

ゴルフクラブの正しい握り位置は、クラブはもちろんゴルフ練習器具全般にも言えることです。もちろんうねり棒でも同じです。クラブと同じで正しい握り位置で使用しないと、効果は半減してしまいます。スイングをする時、グリップ位置が正しいかどうかを確認してみてください。