ゴルフ会員権預託金とは|預託金と入会預託金(名変預託金)の違いを徹底解説

Tea pot

ゴルフ会員権の基礎知識

ゴルフ会員権の預託金(よたくきん)と聞いてもまったく馴染みがない言葉ですよね。

そう言った言葉がゴルフ会員権をわかりにくくしてしまってると感じています。そこでこの記事では、預託金について初めての方でもわかりやすくまとめています。

預託金にとても似た言葉で入会預託金(にゅうかいよたくきん)という言葉もありますが、まったくの別物です。とても似ているので混在されがちなのでその違いもしっかりと解説しています。

今回は、そんな混在されているゴルフ会員権の預託金と入会預託金、さらに名義変更料との違いをかなりわかりやすく解説します。

預託金と入会預託金の違いを明確にすることでゴルフ会員権を購入する際、売却する際のリスクを下げることができますよ。

1.預託金とは|新規募集時に預けるお金

預託金(よたくきん)とは、ゴルフ場が新規でメンバー募集をする時にゴルフ場に預けるお金のことです。

ゴルフ場が新規募集をするタイミングとは

ゴルフ場が、ゴルフコースができる前やコースができた直後に新規会員の募集をすることがあります。

ゴルフコースができる前やコースができた直後に、追加でメンバーを募集した際にゴルフ場が新規で会員権を発行しますが、その時一緒にゴルフ場へ預けるお金のことを預託金と言います。

預託金の価格帯

現代の預託金の金額は数百万前後で設定されていることが多く、過去、バブル期に人気だったコースだと数千万円という価格だった時代もありました。

預託金は一定期間を過ぎ退会すると返還されるお金

預託金は、一定期間(10年〜20年)を過ぎて退会する時に返還されます。

具体的には、無利子で10年〜20年ほどの一定期間を据え置きされた後にゴルフ場を退会しゴルフ場に会員権を返納することで返ってきます。

預託金が返還されない2つのケース

預託金が返還されないケースが主に2つあります。

1つはゴルフ会員権を第三者へ売却した場合、2つ目はゴルフ場の経営不振で資金がない場合です。さらに次項で詳しく解説していきます。

①第三者へ売却した場合

預託金の特徴として、ゴルフ会員権を第三者へ売却すると預託金は返ってきませんので注意してください。理由は、会員権の売買は預託金の返還請求権も一緒に売買されるので、第三者へ売却すると預託金は返還されないのです。

②ゴルフ場にお金がない場合

ゴルフ場の経営不振によってゴルフ場に余分な資金がない場合も預託金はすぐに返金されない場合があります。

こういった場合のゴルフ場は2つの方法で預託金を返金していることが多いです。

  • 数年に分割で返還される
  • 年間のゴルフ経営で利益が出た分を抽選をして返す人を決めて返還される

最悪の場合、ゴルフ場の経営が悪化して潰れてしまった場合は、1円も返ってこないということがあります。

預託金は返金されないというリスクがあるということを覚えておきましょう。

深く考えず売却すると勿体無いことに

例えば、預託金の返金対応が良好なゴルフ場の会員権を自分が支払った預託金の金額以下で売却してしまうと、預託金が返ってこないことになってしまうので非常に勿体無いことになります。

預託金

預託金売却

預託金はゴルフ会員権と紐づいている

預託金に関して知らない人が多いところは、預託金はゴルフ会員権と紐づいていることです。このことを理解しておくことが売却や退会するときに損を減らすことになります。

例えば、預託金400万円/入会預託金200万円のゴルフ会員権を1000万円で第三者に売却するケースでみていきましょう。

預託金400万円/入会預託金200万円のゴルフ会員権を1000万円で第三者に売るとします。
預託金はゴルフ会員権に付帯しているので、400万円の預託金は返還されません。売却金の1000万円のみ入ってきます。

ここまでは預託金についての解説になります。

預託金は、ゴルフ会員権を売却すると返還されないですし退会すれば経営が潤沢なゴルフ場ならば返還されます。

ゴルフ会員権の売却額によっては損をしてしまいますので自分の持っているゴルフ会員権の相場と預託金がいくらだったのかを確認しながら、売却するか退会するかを見極めてくださいね。

2.入会預託金とは名義変更にて入会する際に預けるお金

入会預託金は第三者から名義変更によって入会するときにゴルフ場に預けるお金です。

入会預託金は、名変預託金(めいへんよたくきん)とも呼ばれます。

入会預託金は一部のゴルフ場でのみ取り扱いがあり、全てのゴルフ場で必要なお金ではありません。主に、関東圏の名門ゴルフ場が扱っている場合が多くみられます。

入会預託金の価格帯

入会預託金はゴルフ場によって100万円〜500万円の幅で設定されています。

名義変更料と混在されがちだがまったく別物

入会預託金は第三者から譲渡された会員権を使って入会するときに、会員権代金/年会費/名義変更料とは別にゴルフ場に対して預けるお金です。

ゴルフ場に初めに支払うお金はだいたい5つほどあります。

入会時の支払い項目
会員権費用
名義変更料
年会費
手数料
入会預託金

入会預託金は、名変預託金と呼ばれることで、名義変更費用と言葉が似ているので、勘違いしてしまう人も少なくありません。名前は似ているのですが全くの別物であることを今回で覚えておきましょう。

名義変更料はゴルフ場に払いっぱなしのお金

名義変更料は、基本、事務処理費用として使用されます。具体的には、ネームプレート・会員証の発行・面接にともなる人件費などです。仮に、名義変更料がなかった場合のゴルフ場はこれらの作業をすべて赤字で行い発生する費用を負担することになるので、ゴルフ場運営自体の継続が難しくなってしまうのが、名義変更をして入会する会員が支払う理由になっています。

名義変更料として支払ったお金は、ゴルフ場の運営として使用されるため払いっぱなしのお金となります。

名義変更料の価格帯は、1000万円から10万円とゴルフ場によってまったく違います。

入会預託金(名変預託金)は返還されるお金

ゴルフ会員権を第三者に売却したときまたは、その会員権を購入した方がゴルフ場に入会したタイミングで返還されるのが一般的です。退会した時は返還されませんので注意してください。

入会預託金を設定しているゴルフ場は主に関東圏の名門ゴルフ場でそもそもゴルフ運営経費が潤沢にうまくいっておることからほぼ返還されます。返還されないリスクが非常に低いお金になります。

入会預託金はメンバーと紐づいている

入会預託金はメンバーと紐づいています。たとえば、入会預託金が100万円のゴルフ会員権を500万円で第三者に売却するケースで考えてみます。

入会預託金が100万円/預託金が500万円のゴルフ会員権を500万円で第三者に売却するとします。
入会預託金は、メンバーに付帯しているのでゴルフ場から直接100万円が返却され、売却金額500万円と合わせて600万円が手元に入ってきます。
預託金はゴルフ会員権に付帯しているので、500万円の預託金は返ってきません。

入会預託金があるゴルフ会員権は、返還されることがほとんどなので売却することがほとんどです。それゆえ限られた関東圏の名門ゴルフ場にしか設定されていないのもうなずけますよね。誤って退会される方もレアケース以外は考えにくいと思います。

3.預託金と入会預託金の違い

預託金と入会預託金について理解したところで、違いについてまとめます

①返還されやすさ

預託金と入会預託金は返還されやすさが違います。

入会預託金は返ってこなかったという話は聞いたことがないですが、預託金は返ってこないことがあるのです。

入会預託金が返還されやすい理由

入会預託金はほとんど(100%)返還されています。なぜなら経営基盤がしっかりしている関東圏にある名門ゴルフ場でしか設定されていないことと、次の入会者が同じ金額の入会委託金をゴルフ場に支払うことで必ず返還されるという理由でゴルフ場からの返還が滞るという要因があまりありません。

入会預託金返還の流れ

次の入会者の入会のタイミングで返還するだったり、売却したら即座に返還するといった返還のタイミングがゴルフ場によって違うが返還率はほぼ100%と思っていて大丈夫です。

預託金が返還されない理由

強く要求をしても預託金がなかなか返ってこないというケースはめずらしくありません。

一括で全額返還されることも少なくなく、何年かに分けて分割での返還される場合と、ゴルフ場の利益が出たときに抽選で返還する人を決めるというゴルフ場も多いです。最悪一円も返ってこないということがあります。

このゴルフ場からの預託金が返ってこないということがバブル崩壊時期に頻繁に起こり、預託金問題と呼ばるほど深刻化しました。

預託金問題(よたくきんもんだい)
預託金問題とは、会員がゴルフ場に預けた預託金が返金されないことを言います。
原因は、バブル崩壊に伴う会員権の下落です。バブル期のゴルフ場は、募集金額が数千万という価格帯も多く、その多くを預託金が占めていました。その預託金の金額を上回る金額で会員権が売却できれば、当然預託金をゴルフ場へ請求することも強くは望まれないのですが、会員権の価格が下落したことで、相場が預託金の金額を下回ると、退会したいメンバーほとんどが預託金の返還をゴルフ場に迫るわけです。

バブル崩壊後、ゴルフ人口が減っている中でゴルフ場の経営はどんどん不振になり、一人当たり数百万〜数千万のキャッシュを用意することがかなり困難で、現在になっても返還できていません。

今となっては預託金ではなく出資という仕組みにしていれば、評判の良い素晴らしいコースを持つゴルフ場が預託金問題によって破綻していくのも寂しいという声もあるのですが、損をさせられる会員の方のことを考えるとなかなか感情論では片付けることができません。

そういったこともあり、過去会員によってゴルフ場を訴訟したこともありますが、勝利したところで、ゴルフ場はお金を持っていないので返還が早まることもなく、結果1円も手元に戻ってこないことには変わりはありませんでした。

そういった会員さんのために預託金を優先して返還し、血kがゴルフ場自体が破綻。破綻してしまったゴルフ場の会員権は無価値となってしまうので、それはそれで誰も救われない結果となってしまうのです。

だから、現在のゴルフ場は預託金を分割で返還したり、抽選で返還するという手段をとっている理由です。

預託金と入会預託金の返還のされやすさに違いがあることを解説しました。次の違いとして付帯先の違いについてです。

②付帯先の違い

預託金と入会預託金は付帯先が違います。

預託金は、ゴルフ会員権というモノに紐づいています。入会預託金は、メンバーという人に紐づいています。

たとえば、ゴルフ会員権を売却するとなったとき、とその違いがわかりやすいです。

預託金500万円のゴルフ会員権を1000万円で第三者に売却した場合

預託金はゴルフ会員権に付帯しているので500万円の預託金は返ってきません。売却金額1000万円が手元に入ってきます。

預託金は退会した際に返還されるので、退会しゴルフ場の経営が良好であれば500万円返還されます。

入会預託金100万円のゴルフ会員権を1000万円で第三者に売却した場合

入会預託金はメンバーに付帯しているので100万円の預託金が返ってきます。売却金額1000万プラス預託金100万円合計1100万円が手元に入ってきます。

預託金と入会預託金の違いは、返還のされやすさと、何に付帯しているかでした。

まとめ

ゴルフ会員権の預託金と入会預託金の違いを解説してきました。違いがわかることで会員権を購入する時、売却する時のリスクを下げることができますので、ぜひ活用してくれたら嬉しいです。

コメント