【秋のゴルフ場に大発生】スズメバチ予防策と刺されてしまった時の対処方法

Hornet Golf

ゴルフ場

秋になるとゴルフ場にはスズメバチ被害が増えます。9~10月は、スズメバチの巣が最も大きくなり神経質になるシーズン。ゴルフ場でハチに刺されないためにはどうすれば良いか予防策と万が一刺された時の対処方法を紹介していきます。

1.ゴルフ場でできるスズメバチ7つの予防策

秋のゴルフ場でスズメバチに出くわすことはかなり高確率です。

Hornet Golf

ゴルフボールを林の中に取りに行ってハチに刺された!なんてことがありますのでキャディさんにも充分注意を促してあげましょう。

命を落としかねない,,,

万が一刺された時、アレルギー反応の一種であるアナフィラキシーショックで命を落としかねません。大切なゴルフ仲間を守るためにも予防策をぜひ実践してみてください。

午後スタート

スズメバチ類の活動時間はほぼ午前中です。9月・10月は、スズメバチの巣が最も大きく、新しい女王バチが冬ごもりに向け神経質になるシーズンです。午前中はなるべく避けるのも得策です。

肌を露出しない

9月・10月は。ゴルフをプレーするとまだまだ汗ばむ季節ですが、長袖長ズボンを着用してなるべく肌の露出をしないようにしましょう。

黒色の服装を避ける

黒色はスズメバチにとって攻撃対象の色です。黒い服を着ていると狙われやすいので、白い色の服を切るようにしましょう。

ナイロン製の素材を選ぶ

木綿製の生地の洋服は着心地がいいですがスズメバチが非常に止まりやすい素材です。ナイロン製のスベスベした素材だとハチも止まりにくいのでおすすめです。

ヘアスプレーや香水をつけない

ヘアスプレーや香水などの化粧品の匂いにハチはすごく敏感です。なるべくつけるのはやめておきましょう。最近は香りの強い柔軟剤が流行っているので要注意です。

ハチを刺激しない

もしハチを見かけたら、刺激しないように静かにその場を去りましょう。手で叩いたり、あおいだり、大きな声を出したりすると攻撃される可能性があります。

炭酸飲料・甘い飲み物の蓋を開けっ放しにしない

ゴルフプレー中に炭酸飲料を飲む方はいると思います。炭酸飲料には砂糖が含まれているので匂いにつられてハチが寄ってきます。スポーツ飲料も同じです。蓋をしっかり締めておくか、人工甘味料が入っていないお茶屋・水にしておきましょう。

2.スズメバチに刺されてしまった時の対処方法

日本でもスズメバチに刺されて死亡してしまう人が毎年います。

Hornet Golf

死亡につながるアナフィラキシーショックとは

アナフィラキシーショックとはアレルギー反応の一つ。命に関わる症状で、蜂毒に共通する症状は、発汗・吐き気・頭痛・腹痛・蕁麻疹・顔面蒼白・冷や汗・立ちくらみと言われていますので注意してください。

リミットは15分前後

リミット15分というのは個人差があるのでただの目安です。これまで実際に起きたことでは刺されてから1時間以内に死亡が起きています。アナルフィラキシーの場合は15分以内に起こると言われています。

応急処置方法

  1. 毒を指でつねって絞り出す
  2. 水で洗って冷やし毒の回りを遅くする

ゴルフ場に専門処置ができる方の指示に従いましょう。「アンモニアが効く」といって尿をかけるなどの行為は全く意味がありませんので行わないでください。根拠がありません。

119番通報

「ハチに刺された程度」と考えず最悪の事態を予想して119番通報して正しい処置をしてもらいましょう。

ハチに刺された時用の市販薬

ハチに刺された時用の市販薬を探してみました。小さなお子様とゴルフする時や免疫が低下している年配の方はぜひこちらを携帯してください。

【指定第2類医薬品】ムヒアルファEX 15g

Hornet Golf
出典:Amazon

抗ヒスタミン・ステロイドが良いと言われています。薬剤師さんがいる薬局ではお勧めを聞いてみてください。

まとめ

「スズメバチになんか刺される確率ほぼ低いでしょ」っと思っていたのですがめちゃ遭遇してますので油断禁物です。刺されるとめっちゃ腫れるので場所によっては生活にもしにくくなりメリットは0!