【ドライバーが飛ばない】飛距離を出すコツとヘッドスピードが遅くても飛ばせる方法

ドライバー

ゴルフ練習

『ドライバーで飛ばしたい時、どこを意識して打ちますか?』

思いっきり打っても飛ばない時がありますよね。

ゴルフにとって飛距離は大きなアドバンテージ。

飛距離が出ることで同じホールでも短いクラブでプレー出来ますし、戦略的に有利にすることができます。

それに、ドライバーで飛距離を出せると圧倒的にセカンドショットが楽になりますよね。逆にドライバーでミスってしまうと、ミスをカバーすることからプレーがはじまるので、ゲームが面白く運びません。

ドライバーで飛ばない理由と原因は、さまざまありますが、おおまかには次項の2つだと思います。

  • スイングスピードが遅い
  • スイング自体の問題

ドライバーの飛距離が出ない原因になっている、スイングスピードやスイングの問題は、ある程度、適切な練習方法で解決することができます。

今回はドライバーの飛距離アップに重要なスイングの基本と、ヘッドスピードが遅い人でも飛距離を出す方法について解説していきます。

ドライバーのミスが激減し、飛距離アップすることができますので、ぜひ参考にしてください。

はじめに.ドライバーショットの基本

はじめにドライバーショットの基本の打ち方から見直していきましょう。

基本がずれていると、どんなに有効な練習方法を知っていても結果に結びつかないからです。

ドライバーのスイングは、”クラブが下から上に向かい、上がり際にボールにアッパー軌道で当たる”これが基本です。

ドライバーのアッパー軌道

アッパー軌道で打つことで、飛距離を最大化し安定したショットになります。

具体的には、アッパー軌道で打つことで、高い打ち出し角度と低スピンにより、着地後にボールのランが増えます。キャリーとランのバランスが良くなり総合的に飛距離を増加させるのが狙いです。

だからドライバーで打つ時、わざわざティーを高めにセットしてアッパー軌道で打ちやすくしているわけです。

まず自分が、ドライバーの基本の打ち方、アッパー軌道で打てているか?を一緒に確認していきましょう!

1.誰でもアッパー軌道で打てる練習方法

※この方法はボールをたくさん使用してしまうので打ち放題などで試すのをおすすめしています。

自分がアッパー軌道で打てているか?簡単に確認することができます。

ティーアップしたボールの左側にもうひとつボールを置いて打つ。だけです。

※2つ目のボールは広げた手のひら分(ドライバーヘッド1個半ぐらい)のところに置いてください。

これだけで、自分がアッパー軌道で打てているかどうかがわかっちゃいます。

手のひら分

アッパー軌道で打つ練習ポイント

この状態で通常のドライバーショットを練習してください。

2つ目のボールに干渉しない場合→アッパー軌道で打てています

2つ目のボールに干渉した場合→アッパー軌道で打てていません×

いつも通りドライバーショットをした時、ティーアップしたボールのみが飛んでいけば、あなたは、アッパー軌道で打てています。

逆に、2つ目のボールに干渉いた場合、あなたは、アッパー軌道で打てていません。なぜなら、身体の左側に視点が残っていることで突っ込んで打ってしまっているから、2つ目のボールに当たってしまっています。

この方法で、ドライバーショットの練習をすると、常にアッパー軌道で打てているかどうかの判断ができますので、ぜひ打ちっぱなしでやってみてください!

アッパー軌道で打てない時の改善方法

2球目のボールにどうしても干渉してしまうあなた。そんなあなたは、アッパー軌道でドライバーが打てていません。

そんなアッパー軌道でなかなか打てない方の、改善ポイントは、ズバリ目線です目線を改善してみてください。

単純に目線がボールにあると、入射角が下を向いてしまいダウンブローになってしまいます。

アドレスの時はボールを見てOKです。クラブを下ろすときは目線を一度右に向け、そのままスイングすることでアッパー軌道で打ちやすいくなります。

ドライバーショットの目線管理

ドライバーショットの目線2

ドライバーショットのアッパー軌道は、たったこれだけ!

目線を右に残すことで、フェース面の入射角が上を向きアッパー軌道になります。

この目線を変えるだけでドライバースイングが、かなり安定しますのでぜひ練習場で試してください!

2.飛距離を出すコツ!飛ばしたい時どこを意識するのがベスト?

ドライバーで飛ばしたい時、どこを意識すれば一番飛ぶのか?

正解は、”スイング軌道をなるべく遠くにすること“です。

一瞬「どういうこと?」と思える方法ですよね、この理由を次項で、解説していきます。

飛ばしたい時は軌道を身体から遠くする理由

ここからは、以下のことを頭の中で想像してください。

  1. まずドライバーと同じ長さのロープがあります。
  2. ロープの先には輪っかの重り(ヘッドと同じ重さ)が結ばれています。
  3. このロープを使って、通常のアドレスを取りボールを打ちます。

シャフト部分がロープであることで、ぐにゃぐにゃですよね。

それを使って地面にあるボールを打とう!と思うと自然と、先っぽの重りに意識が行き、普遍的に動くロープを安定させようとしてなるたけ遠心力を利用したいと考えると思います。

ドライバー同様にアドレスをとり、ボールを打つ時、できるだけ遠くへボールを打つには身体からなるべく遠い位置から向かって振ってください。

そうすることでボールを遠くへ飛ばすことができます。

砲丸投げ・投げ釣りで遠くへ飛ばすイメージと似てると思います。

遠くへ飛ぶ

このイメージは、ドライバーでも非常に大事になってきます。

遠くへ飛ばしたい

ドライバーで遠くへ飛ばしたいと考えた時は、身体からなるべく遠い位置に向かって、ヘッドを振ることを意識すれば、飛距離アップになります。

3.ヘッドスピードが遅くても飛ばせる方法

ゴルフのドライバーにおいて、飛距離を伸ばすために、絶対的にヘッドスピードは必要です。よね。なんですが、ヘッドスピードが遅くても飛距離を出す方法が、実はあります。

実際に、女性プレーヤーやシニアプレーヤーなんかはヘッドスピードが遅くても、すごい飛距離を打ち出しますよね。この方法は、その方達が実践している方法になります。

  • ボールの打ち出し角度
  • 適切なスピン量

この2つのポイントを利用して、ヘッドスピードが遅い方も、諦めずに飛距離を伸ばしていきましょう。

ポイント①ボールの打ち出し角度

ヘッドスピードが遅くても、適切な打ち出し角度があれば、飛距離を伸ばすことが出来ます。

ボールの打ち出し角を高くし、ハンドファーストインパクトで打つことで、すごい飛距離を出すことが出来ます。

ハンドファースト

打ち出し角どを高くしすぎると、ボールが上がりすぎて飛距離がでず、高く上がってストンと落ちてしまうところを、適切な打ち出し角度=ディロフトインパクトがハンドファースト)であれば、真っ直ぐ強い弾道になるので、すごく飛距離を出すことが出来ます。

かなりハイレベルなテクニックではありますが、練習するメリットはかなりあります。

ポイント②適切なスピン量

適正なスピン量を出すには、ロフトが関係します。

  • ロフトがあるほどスピン量が増える
  • ロフトがなければスピン量は減る

打ち出し角度同様に、スピン量が多すぎると球は上がりすぎて飛距離が落ちてしまいます。

ここは、自分のヘッドスピードに必要なスピン量を理解して置く必要があります。

ヘッドスピードは個人個人違うので、練習場にあるトラックマンなどの計測器を使って正確な数字を知って置くことが最善な方法になります。

自分のヘッドスピード=適切なスピン量が、正確にわかります。

まずはしっかりとこれを測って、ご自分のスピン量のベストを理解しておいてください。

番手ごとのヘッドスピードの平均|自分の平均ヘッドスピードと番手ごとの飛距離を知る方法

ヘッドスピードを一覧にしてみました。参考にしてみてください。

男性ツアープロ
47m/s以上

女性ツアープロ
40m/s~44m/s

男性ハードヒッター
45m/s~50m/s

一般男性
40m/s~45m/s

一般男性
シニア37m/s~42m/s

一般女子
30m/s~37m/s

ジュニア
30m/s~50m/s

ヘッドスピードが遅い方でも、適切なスピン量で、かつハンドファーストインパクトで、打つことができると飛距離は、ものすごく出すことが可能です。

ドライバーのハンドファーストインパクトは、かなり難易度が高いと技術なので、おすすめの練習器具を最後に紹介します。特にスピン量が多すぎる方には、おすすめの練習器具です。

4.飛距離アップのコツ!おすすめの練習器具

ヘッドスピードが遅い方でも、飛距離アップができる、おすすめの練習器具はハンドファーストマスター通称100度ウェッジです。

この練習器具は、ハンドレートで打つことを防ぎ、適切な打ち出し角度、ハンドファーストインパクトを習得することが出来ます。

最大の特徴は、ロフトが真上を向いていること。インパクト時にロフトをかなり立ててハンドファーストになっていないとまともに球が前ーに飛んでいかないことで、勝手に下手を固めないところがおすすめのポイントです。

ハンドファーストを習得するもっとも難しい、誤った打ち方でもナイスショットが出てしまう点を、完全に克服できるのがおすすめ理由です。

誤った打ち方をしたら、明らかなエラーが出るので、上達に無駄が出ません。

初めはアプローチぐらいからはじめますがドライバーの飛距離にも効果があります。ぜひ参考にしてください!

↓ハンドドファーストマスター(100度ウェッジ)販売サイトはこちら

>>>インパクト練習器具徹底比較

>>>ハンドファーストマスター(100度ウェッジの購入はこちら)

ハンドファーストの技術は、一度習得すると、年齢を重ねてもかなり役立ちます。ゴルフ全体のパフォーマンスアップになりますので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

ドライバーの飛距離を大幅にアップさせるためには、アッパー軌道・打ち出し角度・適切なスピン量・ハンドファーストインパクト・ディロフトなどさまざまな課題はありますが、ひとつひとつ丁寧に習得すれば260yも実現できると思います。適切な技術とトレーニング器具を通して、スコアを改善しよりゴルフの楽しさを深めてください。

100度バナー
お得なセット

コメント